ここから本文です

リネカーがBBC番組内でパンツ一丁になり、ファンとの“公約”を果たす!

SOCCER DIGEST Web 8/14(日) 10:02配信

歴史ある番組で絞った肉体を披露。

 8月13日、2016-17シーズンのプレミアリーグが開幕。それに伴い、現地では“とある公約”が果たされた。
 
 その公約とは、元イングランド代表で、レスターのOBであるガリー・リネカーがイギリス公共放送『BBC』の番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』にて、パンツ一丁で出演するというものだ。
 
 この公約は昨年12月に古巣レスターの快進撃を見た同氏が「レスターの優勝はありえないよ」と自身のツイッター上で呟き、視聴者と約束していた。
 
 しかし、リネカーの予想に反してレスターの快進撃は続き、優勝を成し遂げると、当時のデイビッド・キャメロン英首相も「当然、約束を果たすべきだ」とコメントするなど、大きな話題を呼んだが、シーズン最後の同番組で「約束は新シーズンに」と口にし、公約を先延ばしにしていた。
 
 そして、迎えた8月13日の『マッチ・オブ・ザ・デイ』でリネカーはレスターのロゴが入ったパンツを履いて、オフの期間中に絞った肉体を披露したのだ。
 
 本人は「さあ、やってきました、新しいシーズン、新王者、新監督、新たな契約、これ以上のことはありません。プレミアリーグの開幕日は7試合が行われました」と淡々と番組を進行。その司会ぶりに共演のアラン・シアラーとイアン・ライトも、笑いが止まらないようだった。
 
 番組終了後、リネカーはツイッター上で「すべての素敵なサポートとポジティブな言葉に本当に感謝するよ。本当に奇妙だったけどね」と呟いていた。

【PHOTO】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち


 
 

最終更新:8/14(日) 17:54

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。