ここから本文です

【SBSカップ】エース岩崎、初代表の針谷らを起点に攻めるも…。U-19日本代表は3連敗で大会を終える

SOCCER DIGEST Web 8/14(日) 16:51配信

ポゼッション率では圧倒した日本だが…

[SBSカップ第1試合]U-19日本代表0-1U-19スロバキア代表/8月14日/エコパ ※前後半40分ハーフ
 
 SBSカップは最終日の14日に2試合が行なわれ、第1試合に登場したU-19日本代表はU-19スロバキア代表に0-1で敗れた。
 
 日本は、ここ2試合と同じく4-4-2でスタート。序盤からボールを支配し、後方からのビルドアップからサイド、中央へボールを散らしペースを握る。
 
 しかし、4-1-4-1システムで臨んだスロバキアの守備ブロックをこじ開けられず、13分には、岩崎悠人(京都橘高)のパスを受けた針谷岳晃(昌平高)がシュートを放つも、GKの好守に阻まれた。
 
 その後も積極的に相手ゴールへ迫ったが、最終局面での精度を欠いて前半をスコアレスで折り返すと、後半早々の43分に相手FKの流れから失点。GK廣末陸(青森山田高)がハイボールをキャッチし切れず、こぼれ球に反応したスロバキアのMFフリスティアーン・ヘルツに押し込まれた。
 
 1点のビハインドを背負った日本は、岩崎にボールを集めて反撃を開始。徐々に相手ゴールへ迫った75分には、左サイドの岩崎から中央の針谷とつないだボールを、最後は野田樹(神戸U-18)が右足で狙うも枠をとらえられない。
 
 ポゼッション率では圧倒した日本だが、守備に重心を置いた相手を最後まで崩せず惜敗。3連敗(第2戦目はPK戦負け)で大会を終えた。対照的に、U-19スロバキア代表は3連勝を飾り、今大会のチャンピオンに輝いている。

最終更新:8/14(日) 18:53

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。