ここから本文です

【現地8月12~13日の主な移籍】ヤヌザイ、デフール、ハビ・フエゴ、ライトナーなどが新天地へ!

SOCCER DIGEST Web 8/14(日) 19:54配信

ヤヌザイは恩師モイーズの下で再起を期す。

■アドナン・ヤヌザイ
・21歳/MF/ベルギー代表
・マンチェスター・U→サンダーランド(1年レンタル)
 マンチェスター・Uではジョゼ・モウリーニョ新監督の構想外となり、トップチーム・デビュー時の指揮官だったデイビッド・モイーズが率いるサンダーランドへ1年のローン移籍。「私が今までに見てきた中で、彼は最も才能に恵まれた若手選手の一人だ。彼のことを信じている」と大きな期待を寄せるモイーズ監督は、加入翌日にマンチェスター・Cとの開幕戦でさっそく新天地デビューさせた。
 

2016年夏に新天地を求めた主な選手を移籍写真で紹介!

■スティーブン・デフール
・28歳/MF/ベルギー代表
・アンデルレヒト→バーンリー(完全移籍)
・移籍金:850万ユーロ(約10億2000万円)
 攻守万能型のセントラルMF。アンデルレヒトで主将を務めていたが、CL予選で敗れたこともあって、昇格組バーンリーへの完全移籍が決まった。かつて何度も4大リーグ行きが囁かれながらも、なかなか実現しなかったが、28歳にしてついに初挑戦。注目だ。
 

■ファビオ・ダ・シウバ
・26歳/DF/ブラジル代表
・カーディフ→ミドルスブラ(完全移籍)
・移籍金:不明
 双子の兄弟ラファエウ(現リヨン)とともにマンチェスター・Uの下部組織で育ったSB。3年間を過ごした2部カーディフから昇格したミドルスブラに2年契約で引き抜かれ、本人は「久々にプレミアリーグに戻ってこられて幸せだ。全力を尽くす」と意気込む。

ハビ・フエゴはエスパニョール守備陣の再建役として期待される。

■ハビ・フエゴ
・32歳/MF/スペイン国籍
・バレンシア→エスパニョール(完全移籍)
・移籍金:300万ユーロ(約3億6000万円)
 来夏で切れる契約の延長オファーがなかったこともあり、バレンシアに不信感を募らせ、中国資本になって積極補強を続けるエスパニョーラへの完全移籍を決断。中盤の守備職人として知られるMFは、昨シーズンはリーグワースト失点を喫したチームのディフェンス再建を託される。
 

■モリッツ・ライトナー
・23歳/MF/ドイツ国籍
・ドルトムント→ラツィオ(完全移籍)
・移籍金:200万ユーロ(約2億4000万円)
 ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督の評価はあくまでもバックアッパーで、出場機会を求めて移籍を模索。早くから声をかけてくれたラツィオと5年契約を結んだ。新天地の中盤はお世辞にも層が厚いと言えないだけに、重宝されそうだ。
 

■サントス・ボレ
・20歳/FW/コロンビア代表
・デポルティボ・カリ→A・マドリー→ビジャレアル(1年レンタル)
 FW大国コロンビアが生んだ新たな才能。昨夏にA・マドリーが保有権を買い取るも、そのままデポルティボ・カリにレンタルで留まり、今夏はA・マドリーのプレシーズンキャンプに参加。ただ、ケビン・ガメイロ(セビージャから)の加入で前線の枠が埋まったため、ビジャレアルに貸し出された。新天地では同じ新戦力のアレッシャンドレ・パット(サンパウロから)やロベルト・ソルダードらとの定位置争いに挑む。
 

 

最終更新:8/14(日) 20:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。