ここから本文です

頑張った自分へのご褒美に!贅沢な時間を過ごすならこのラグジュアリーホテルへ

東京カレンダー 8/14(日) 5:20配信

高級ホテルの扉を開くとき、忘れかけていた心の余裕が蘇る。ホテルには、人を幸せにする魔法の力があるに違いない。

【この記事の全ての写真】

頑張った翌週はちょっと贅沢な旅に出よう。この夏にオススメしたいトレンドのラグジュアリーホテルを紹介。

眺望と内装の融合から生まれた。アーティスティックな空間『ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町』

永田町

グランドプリンスホテル赤坂跡地に、この7/27に待望のオープン。その核となる紀尾井タワーの上層7フロアに、プリンスホテルが創り上げたのは、高層階ならではの眺望と内装とを融合し、芸術の域にまで高めた、“ギャラリー”と呼ぶに相応しい空間だ。

中でも35Fのスカイロビーは象徴的。フロントがある36Fまで吹き抜けで、2フロア分の窓に広がる大都会のパノラマが、滝をイメージした壁面いっぱいのガラスアートと共にゲストを出迎える。

客室のデザインコンセプトは、「枠に囲まれた万華鏡のような景色」と「浮揚感」。大きな窓を額縁に、刻々と表情を変える紀尾井町の風景を眺めていると、美術館で過ごすひと時のように、心癒されることだろう。

【DATA】
住所:千代田区紀尾井町1-2
TEL:03-3234-1111
チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
部屋数:250室
料金:宿泊料金は日によって異なる
カード:使用可
HP:http://www.princehotels.co.jp/kioicho

国際級ホテルに負けない。日本旅館ならではの魅力を発信『星のや東京』

大手町

大手町のオフィス街に、地下2F、地上17Fの“旅館”が7/20に登場した。コンセプトは「塔の日本旅館」。ラウンジを中心に、小さな日本旅館を、縦に積み上げたイメージだ。館内の殆どが畳敷き。青森ヒバの扉を開けて靴を脱ぐと、日本流の寛ぎの世界が始まる。

各フロアには宿泊客専用のラウンジ。自室との間を気軽に行き来し思い思いの時間を過ごす、セミプライベートスペースだ。「日本の佳い物で団らんを」と、飲み物やお酒、そして朝は温かな味噌汁とおむすびで、心を込めてもてなしてくれる。

1/3ページ

最終更新:8/14(日) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革