ここから本文です

軽井沢滞在中のとっておきレストラン ベスト3をこっそり紹介します!

CREA WEB 8/14(日) 12:01配信

東京にあっても絶対に通うだろうなあというお店

 軽井沢は、古くから別荘地として栄えているので、高級フレンチ、ビストロ、イタリアン、蕎麦屋、ピザ屋などおいしいお店がたくさんあります。だから、食べることが大好きな私にとって、軽井沢は本当にいいところです。

 私達夫婦も、毎回滞在中に1回か2回は外食に行きます。新しいお店も次々にオープンしますし、友達からも情報が入るので、「次はどこに行こう?」って考えるのも滞在の楽しみのひとつ。

 今回はその中でもお気に入りのお店を3つ紹介します。

(1) レストランTOEDA(トエダ)

 一番好きなフレンチレストランです。

 ちょうど私たちが軽井沢に家を借りた2011年春にオープン。たまたま雑誌に掲載されていたのをみて訪れました。軽井沢の「ドメィヌ・ドゥ・ミクニ」から独立された若いシェフが始められたお店で、奥様がサービスとソムリエを担当。

 一皿ごとのお料理の見た目の美しさと繊細な美味しさ、食べるたびに幸せになる味、そしてお二人の控えめだけど行き届いたサービスとお店の雰囲気にすっかりファンになってしまいました。それ以来、一年に数度ですが訪れるのを楽しみにしています。

 行くたびに戸枝シェフのお料理はどんどん進化。ワインもどれもが美味しくて本当にいつもすてきな時間を過ごさせてもらっています。

 こちらはおせち料理もやっていて、それも何度かお正月の楽しみにしています。

 もし東京にあっても絶対に通うだろうなあというお店です。東京からの友人たちを連れて行くと、誰もが喜んでくれます。

レストランTOEDA
URL http://toeda-karuizawa.com/

(2) 鮨かねさか 軽井沢店

 銀座と丸の内にお店を構える「鮨かねさか」は、ミシュランの星も獲得している江戸前鮨の名店です。ゴールデンウィークと夏の間だけ軽井沢にお店をオープンします。

 去年はタイミングが合わず、行かれなかったので2年ぶりです。東京よりもかなりリーズナブルに本格的なおいしい江戸前鮨を食べられます。

 平日は、握り担当の職人さんがお一人なのでカウンターは8名までらしいです。おまかせコースは、夏らしいじゅんさいからスタートして、毛ガニ、平貝の磯辺焼きなどおつまみをいただいた後、小さめの握りもしっかりいただきました。すっきりした店の佇まいや職人さん達も好きです。

 軽井沢にゴルフに来られた方々の利用も多いみたいで、早めの時間からいっぱいになるみたいです。

鮨かねさか 軽井沢店
URL http://www.sushi-kanesaka.com/

1/2ページ

最終更新:8/14(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか