ここから本文です

成人した独身の娘に落胆すること第1位は…

R25 8/15(月) 7:00配信

小さかった頃は、どんなことでも許せたはずの娘の言動。ところが、純粋無垢だったかわいらしい幼少期を経て、いざオトナになった今の娘を前にすると、苦言を呈したくなる瞬間がお父さんたちにはあるようで…。今回は20歳以上の独身の娘を持つ父親200人に「娘にガッカリしたこと」について聞いてみた(協力/アイリサーチ)。

〈父親が娘にガッカリしたことTOP10〉
※全15項目から上位3位まで選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計

1位 「結婚する気はない」などと宣言されたとき 102pt
2位 母親のイヤなところに似てきたとき 92pt
3位 「父の日」に何もしてくれなかったとき 87pt
3位 彼氏がいることを知ったとき 87pt
5位 ずっと彼氏ができないことに気付いたとき 86pt
6位 誕生日に何もしてくれなかったとき 75pt
7位 「臭い」「汚い」などといわれたとき 74pt
8位 残念ながら容姿に恵まれていないと気づいたとき 63pt
9位 タバコを吸っていることを知ったとき 36pt
10位 露出の大きな服装をしているのを見かけたとき 35pt

※番外
11位 内緒で同棲されていたことを知ったとき 32pt
12位 洗濯物を別にされたとき 31pt
12位 グレてしまったとき 31pt
14位 彼氏とイチャついているところを見たとき 29pt
14位 夜のバイトや仕事をしていることを知ったとき 29pt

1位になったのは、娘に「結婚する気はないと宣言されたとき」。大切な娘だけに、安心して任せられるパートナーを見つけてほしいという親心以外にも、「孫の顔が見たい」という自らの願望もありそうだ。続く2位の「母親のイヤなところに似てきたとき」は、自分よりも同性である母親との距離が近くなりがちな「娘」を持つ父親らしい感想といえるのかも。その他の順位とそれぞれの回答に対するコメントは以下のとおり。

【1位 「結婚する気はない」などと宣言されたとき】
「親に孫を見せてくれると思っていたので」(57歳)
「一人住まいで老化した時の人生のつまらなさを感じさせたくないので」(63歳)
「楽しみにしていたのが霧散した」(67歳)

【2位 母親のイヤなところに似てきたとき】
「掃除や家事をしない。暇なときは携帯ばかり弄っている」(48歳)
「基本的に口調が似ている」(59歳)
「普段のしぐさや行動で感じる」(54歳)

【3位 「父の日」に何もしてくれなかったとき】
「母の日との格差が大きい」(64歳)
「母の日にはあり、父の日は何もなかった」(49歳)
「内心がっかり」(63歳)

【3位 彼氏がいることを知ったとき】
「女気がなく、まだまだ子どもと思っていた時に彼氏ができたことを妻から聞いた」(66歳)
「どんな人間なのか、会ってみたいと思い、一緒に食事をした。服装等が今風で、がっかりした」(60歳)
「初めてあった娘の彼氏にお父さんと呼ばれた」(51歳)
「彼氏が出来たことには喜ぶべきが親ではあろうが、選択の相手の人間性や社会的地位も含めて、しっかりとした人生設計を持った人間であるか否かが。親としての取りこし苦労かも?」(72歳)

【5位 ずっと彼氏ができないことに気付いたとき】
「作る気が無いのか彼氏がいないので容姿が悪く綺麗にする気もなく寂しい気もする」(56歳)
「仕事が好きで、彼氏どころではないと最近実感した。私の親父くらい仕事好きで、隔世遺伝したようだ」(67歳)
「結婚しないとは言っていない、とはいうものの実際にこの歳になっても結婚しないのだから、結果的に彼氏がいないと感じる」(66歳)
「同級生の男子をあごで使っていた」(58歳)

【6位 誕生日に何もしてくれなかったとき】
「メールでおめでとうもなく、こっちから言うと、忘れてたって言われた」(55歳)

【7位 「臭い」「汚い」などといわれたとき】
「最初は、がっかりしたけど毎日言われるので気にしなくなった」(52歳)
「タバコが臭いと言われた」(57歳)
「加齢臭をいわれた」(59歳)

【8位 残念ながら容姿に恵まれていないと気づいたとき】
「そんなにひどくは無いのだが、親のレベルから見るともう少し良くてもいいのではないかと思っている」(67歳)

【9位 タバコを吸っていることを知ったとき】
「他の家族は誰もタバコを吸わないので」(62歳)

1位の【「結婚する気はない」などと宣言されたとき】や3位の【彼氏がいることを知ったとき】、5位の【ずっと彼氏ができないことに気付いたとき】など、相手がいてもいなくても「娘のパートナー」が気になってしまうのは娘を持つ父親ならでは。まだ幼い娘がいるみなさんは、父の日や誕生日を忘れられたり、「臭い」「汚い」なんて言われたりしないよう日々の振る舞いに気をつけて、自分自身が彼女の「理想の男性像」であれるよう心がけていれば、将来はお父さんも納得のよいパートナーを見つけてきてくれるかもしれませんよ。

(R25編集部)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/15(月) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。