ここから本文です

名古屋の常識 じゃんけんのチョキはピーでアメ横は名古屋

NEWS ポストセブン 8/15(月) 7:00配信

 東京、大阪に続く「第3の都市」である名古屋には、様々な名古屋特有のルールが存在する。『名古屋あるある』の共著者で名古屋出身の川合登志和氏が「名古屋だけの常識」を紹介する。

【じゃんけんのチョキを「ピー」と呼ぶ】
 ピースサインの「ピー」が由来と思われる。名古屋だけのローカルルール。

【「開店祝い」、「お葬式」の花を持ち帰る】
 新規開店時に飾られる「祝い花」やお葬式の花を、お客さんが持ち帰ってしまう。

【“市内”と言えば「名古屋」のこと、それ以外は「近郊」】
 中日新聞の名古屋市内用は「市内版」、尾張北部版だと「近郊版」と呼ぶ。

【「アメ横」と言えば、上野ではなく大須】
 名古屋でアメ横といえば、大須の電気街にある「アメ横ビル」のこと。過去に上野のアメ横と揉めたこともある。

【日本一・日本初という言葉が大好き】
 日本初の民放「CBC」、日本一の100メートル道路、日本初のリニアモーターカー、名古屋駅にある日本一大きいマネキン人形「ナナちゃん」など、東京、大阪を越えるものは市民の誇り。

【名古屋駅は「メーエキ」、名古屋大学は「メーダイ」、名古屋テレビは「メ~テレ」】
 名古屋城を「メージョー」、名古屋鉄道も「メーテツ」と呼ぶが、ナゴヤドームはなぜか「ナゴド」。

イラスト■福島モンタ

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

最終更新:8/15(月) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。