ここから本文です

「厚さ」が選べる、ローストビーフ専門店に注目

東京ウォーカー 8/15(月) 21:00配信

ローストビーフと聞くと、一般的に薄く切られた肉のイメージが強い人も多いはず。その概念を覆したのが、2016年の春に東京の表参道ヒルズにオープンしたローストビーフの専門店「37 Roast Beef」。この店の最大の魅力はローストビーフの厚さを選べること! 低温でローストして脂を落とした塊肉を、目の前で切ってくれるパフォーマンスは見応え充分。トレンドのチョップドサラダやお得なランチもぜひ味わいたい。

【写真を見る】塊肉をテーブルの前で好みの厚さにカットしてくれるうれしさ!

【注文した肉を目の前でカット!】

100~400gの間でボリュームを選べる「USリブロースのローストビーフグレイビーソース」(¥2,800~9,100)。塊肉をテーブルの前で切ってくれる。口溶けがよく、やわらかいローストビーフを堪能!

【ランチの人気はお得なハンバーガー】

ランチの目玉は100gのローストビーフがのった、「USリブロースのローストビーフバーガーレフォールマヨネーズソース」(¥1,880)。価格がリーズナブルなうえ、スープ、ポテト、ドリンクがセットになっていてお得と好評。

【サイドメニューも充実!】

プラス¥1,100のディナーセットにすると、スープ、ジェラート、コーヒーまたは紅茶つきに。ほかにも4種のトッピングとドレッシングが選べるチョップドサラダ(スモール¥950、レギュラー¥1,500)がローストビーフと好相性。

ディナーにランチに、肉食系女子ならずとも一度はチェックしておきたい話題店だ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/15(月) 21:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。