ここから本文です

米7月小売売上高、予想外の横ばいに9月利上げ観測後退 --- 安田 佐和子

アゴラ 8/15(月) 12:10配信

米7月小売売上高は前月比±0%となり、市場予想の0.4%増を下回った。前月の0.8%増(0.6%増から上方修正)以下となり、増加トレンドを4ヵ月で止めている。米7月新車販売台数(http://mybigappleny.com/2016/08/03/newcarsales-16july/)が2015年10月の高水準だったとはいえ、他が軟調で自動車を除いた場合は0.3%減となり市場予想の0.2%増に反する結果となった。前月の0.9%増(0.7%増から上方修正)から減少に転じ、6ヵ月ぶりのマイナスに落ち込んでいる。国内総生産(GDP)に反映されるコア小売売上高(食品サービス、自動車、燃料、建築材を除く)は±0%増と、市場予想の0.3%増に届かず。前月の0.5%増から横ばいに転じた。米4~6月期国内総生産(GDP)速報値(http://mybigappleny.com/2016/07/29/q2gdp1/)での個人消費は前期比年率4.2%増と加速したが、7~9月期は2%台ヘ押し返される公算だ。

内訳をみると、主要13カテゴリー中で5項目増加し前月の10項目を下回った。今回は非店舗が牽引したほか、新車販売台数が加速したように自動車が強い。半面、ガソリン価格の下落を背景に最も弱く、スポーツ用品や食料/飲料も減少した。項目別の詳細は、以下の通り。

(プラス項目)
・非店舗(オンライン含む)→1.3%増=前月は1.3%増、6ヵ月平均は1.5%増
・自動車/部品→1.1%増>前月は0.5%増、6ヵ月平均は0.2%増
・雑貨類→0.3%増>前月は0.2%増、6ヵ月平均は0.5%増

・家具→0.2%増<前月は0.2%減、6ヵ月平均は0.5%増
・ヘルスケア→0.1%増<前月は0.9%増、6ヵ月平均は0.9%増

(マイナス項目)
・一般小売→0.1%減<前月は0.2%増、6ヵ月平均は±0%
(*百貨店は0.5%減<前月は0.6%増、6ヵ月平均は0.2%減)
・電気製品→0.1%減>前月は0.4%減、6ヵ月平均は±0%
・外食→0.2%減<前月は0.3%増、6ヵ月平均は0.5%増

・服飾→0.5%減<前月は±0%、6ヵ月平均は0.1%減
・建築材/園芸→0.5%減>前月は4.2%増、6ヵ月平均は0.1%減
・食品/飲料→0.6%減>前月は0.2%増、6ヵ月平均は0.1%増

・スポーツ衣料/書籍/趣味→2.2%減<前月は1.7%増、6ヵ月平均は0.4%増
・ガソリンスタンド→2.7%減<前月は2.2%増、6ヵ月平均は0.4%増

バークレイズのジェシー・ヒューウィッツ米エコノミストは、結果を受け「米7月生産者物価指数が下振れしたように、価格調整による影響が及んだ可能性がある」と指摘した。その上で「米7~9月期の個人消費は前期比年率2.1%増、GDP自体は1.8%増」と予想。エコノミスト予想平均値2.0%だけでなく、アトランタ地区連銀の試算値3.5%増(従来の3.7%増から下方修正)を大幅に下回る見通しだ。ただし米4~6月期GDP改定値をめぐっては、過去分の上方修正もあり「個人消費は4.4%増、GDPは1.2%増」への上方修正を見込む。

――米7月小売売上高が予想外に減速したため、FF先物でみた9月利上げ織り込み度は9.0%と前日の12%から低下しました。米7~9月期GDPのエコノミスト予想平均値と合わせて勘案しても、9月利上げを正当化させられるようには見えません。米7月雇用統計(http://mybigappleny.com/2016/08/05/jobsreport-16july/)の力強さは目覚ましいものがあった半面、長期失業者や不完全失業率など質的な変化に課題を残すため、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が26日予定のジャクソン・ホール会合でタカ派姿勢へ鞍替えするかは疑問が残る。問題は、来週17日公表の7月FOMC議事録です。4月FOMC議事録(http://mybigappleny.com/2016/05/19/fomc-minutes-16apr/)のように騙し討ち的に利上げ示唆を与えれば、米株相場を押し下げかねません。


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE - NEW YORK -」2016年8月13日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE - NEW YORK -(http://mybigappleny.com/)をご覧ください。

安田 佐和子

最終更新:8/15(月) 12:10

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。