ここから本文です

まさに神。イブラ、英仏西伊+CLの全デビュー戦でゴールを記録

フットボールチャンネル 8/15(月) 0:07配信

 本当にこの男は“神”なのか。マンチェスター・ユナイテッドに加入したばかりのズラタン・イブラヒモビッチが、またも伝説を作り出した。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 現地時間14日に行われたプレミアリーグ第1節のボーンマス戦に先発出場したイブラヒモビッチは、64分にミドルシュートで移籍後リーグ戦初ゴールを奪った。グラウンダーで狙い澄ました一撃だった。

 母国スウェーデンをはじめ様々な国を渡り歩いてきたイブラヒモビッチは、このゴールでイングランドだけでなく、スペイン、イタリア、フランス、そしてチャンピオンズリーグのデビュー戦すべてでゴールを挙げたことになる。

 デビュー戦でゴールを挙げられなかったのは、オランダとスウェーデンの2カ国のみだ。イブラヒモビッチは1999年に母国のマルメでプロデビューを飾ったが、初年度は6試合の出場にとどまり、初ゴールはその最後の試合まで待たなければならなかった。

 2001年に移籍したオランダでは開幕から3試合目、出場2試合目にしてゴールを挙げている。しかし、チャンピオンズリーグでのデビューゴールは2002年9月のアヤックス時代のもので、当時20歳、リヨン相手に2得点を奪った。

 行く先々で所属クラブをタイトルに導くなど、これまでも数々の伝説を作ってきたイブラヒモビッチ。ユナイテッドでも最高のスタートを飾り、新たな成功への道を早足で歩き始めた。まもなく35歳を迎えるストライカーに衰えの気配は一切ない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/15(月) 6:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。