ここから本文です

男子柔道、全階級でメダル。井上康生が見せた指導者としての才覚

webスポルティーバ 8/15(月) 11:10配信

 井上康生は栄華を極めた柔道家であり、彼ほど指導者に適した人格者はいないと思う。

 井上の柔道を初めて見たのは、彼が宮崎県の小学校に通っていた5年生の時だった。すでに内股が代名詞となっており、「山下(泰裕)二世」と呼ばれていた。

【写真】男子柔道90kg級で金メダルを獲得したベイカー茉秋

 2000年シドニー五輪決勝での内股は、柔道の五輪史における最も美しい「一本」だと言っても過言ではない。しかし、連覇が確実視されていた04アテネ五輪では無残に散った。前日に眠ることができず、やつれた状態で畳に上がった結果、準々決勝で敗れ、敗者復活戦でも背中を畳につけた。見ていて信じられない光景だったが、誰より本人が現実とは思えなかっただろう。

 五輪における栄光も、挫折も味わった。

 その男が監督となり、日本男子柔道はリオ五輪の舞台で金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル4個という、全7階級でメダルを獲得した。全階級メダル獲得は4階級の開催だった東京五輪以来、52年ぶりのこと。4年前のロンドンで金メダルがゼロに終わり、柔道母国の威信が失墜したことを考えれば、井上はわずか4年で再建に成功したわけだ。

「名選手、名監督にあらず」は、井上には当てはまらない。彼の指導者としての資質を実感したのは、男子のコーチとして参加していたロンドン五輪だった。

 柔道初日、女子48kg級に出場した福見友子は、準決勝で敗れ、3位決定戦に回った。そのわずかな時間の間に、井上は福見のもとを訪れ、失意の彼女に向かって「オレは(アテネ五輪の)悔いが残っている。お前にはそういう悔いを残して欲しくない」(福見談)と伝えたという。

 残念ながら福見は、銅メダル獲得はならなかったが、担当でもない女子の選手にわざわざこういう声をかけられる人間こそ、チームを束ねる監督にふさわしい人物像だろう。

 同日、当時の男子監督である篠原信一と、強化委員長だった吉村和郎は、銀メダルを獲得した男子60kg級の平岡拓晃が表彰台に立つ姿を見ることなく宿舎に戻り、翌日になってようやく労(ねぎら)いの言葉をかけただけだった。

 とりわけシドニー五輪で“誤審”によって銀メダルに終わった篠原は、日本の柔道家が金メダルを逃す悔しさを誰より知っている柔道家であるはずだ。だからこそ、夢破れた選手には、誰より先に労いの言葉をかけ、未来に向けて背中を押す一言をかけてやるべきではなかったか。どこの世界に、メダルを獲得した選手に健闘を讃える言葉すら投げかけない指導者がいるだろうか。

 こういう首脳陣の体質が、金メダルゼロの大惨敗を招いたと思わざるをえなかった。敗者の気持ちに立てる人間こそ良き指導者であり、それにふさわしい人物が井上だった。

 ロンドン五輪が開催された4年前は、強化合宿が頻繁に行なわれていたが、ひたすら「量」をこなす稽古にオーバーワークに陥(おちい)る選手が後を絶たず、選手の不満は鬱積していた。さらに数人のコーチがチーム全体を指導するような指導体制に「これで本当に五輪を戦えるのか」という疑念が選手の間に渦巻いていた。

 もっと目的別の合宿を行なった方がいいのではないか。担当コーチ制にして、コーチと選手が密な関係を築き、外国人選手対策を練るべきではないか。井上は「担当コーチ制」の再導入を首脳陣に訴えたが、却下された。当時の首脳陣と選手の板挟みに井上はあっていたのだ。

1/2ページ

最終更新:8/15(月) 11:10

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー