ここから本文です

逆転の主役はコウチーニョ。リバプール、4得点でアーセナルとの乱打戦制す

フットボールチャンネル 2016/8/15(月) 1:52配信

【アーセナル 3-4 リバプール プレミアリーグ第1節】

 プレミアリーグ第1節が現地時間14日に行われ、いきなりアーセナル対リバプールのビッグカードが実現した。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 互いに最終ラインの主力に離脱者が続出しているため、守備に不安を抱えて開幕戦に臨んだ。それに加えてアーセナルはEUROに出場していたエジルやジルーなどが間に合わず、新加入のジャカもベンチスタート。1トップにはA・サンチェスが入り、CBはホールディングとチャンバースの若手コンビに託された。

 最初のビッグチャンスはアーセナルにやってくる。28分、ウォルコットがペナルティエリア内でA・モレノに倒されてPKを獲得する。しかし、ウォルコット自ら蹴ったPKはGKミニョレにセーブされてしまった。

 それでもウォルコットは諦めず、自分の力でミスを取り返す。PK失敗直後の31分、コクランが中盤の高い位置で絶妙な読みを利かせたタックルでボールを奪うと、一気にショートカウンターへ移る。最後はイウォビからのパスを受けたウォルコットが冷静に決めて、アーセナルに先制点をもたらした。

 だが、喜びは長く続かなかった。前半アディショナルタイム、リバプールはコウチーニョがGKチェフにも止められない完璧な直接フリーキックを沈めて同点に追いつく。そして後半開始直後の49分、今度はワイナルドゥムのクロスからララーナがゴールを陥れて一気に逆転した。

 徐々にプレッシングが機能するようになり、攻撃にも勢いが出てきたリバプールはここぞとばかりに畳み掛ける。56分、右サイドをオーバーラップしてきたクラインの速いクロスにコウチーニョが走り込んで3点目。63分には単独突破からペナルティエリアに侵入したマネが左足を振り抜いてチェフの守るゴールネットを揺らした。

 だが、アーセナルも諦めない。4失点目の1分後、オックスレイド=チェンバレンが左サイドからドリブルで仕掛けて3人を抜き去り追撃の2点目を突き刺す。さらに75分、途中出場カソルラのフリーキックにチャンバースが頭で合わせて1点差に迫る。

 シーズン開幕から全7得点が生まれる大乱戦になったが、最後はリバプールが逃げ切った。逆転を演出した主役のコウチーニョは足を攣って後半途中で交代してしまったが、まばゆいばかりの輝きを放った。敗れたアーセナルは次節、アウェイで昨季王者のレスターと対戦する。

【得点者】
31分 1-0 ウォルコット(アーセナル)
45+1分 1-1 コウチーニョ(リバプール)
49分 1-2 ララーナ(リバプール)
56分 1-3 コウチーニョ(リバプール)
63分 1-4 マネ(リバプール)
64分 2-4 オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)
75分 3-4 チャンバース(アーセナル)

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/15(月) 6:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。