ここから本文です

本格的な踊りのシーンは圧巻! 胸キュン青春ダンスムービー『ハートビート』 [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 8/15(月) 17:00配信

ダンサーの世界を描いた映画には、過去にも何本も名作がありました。並外れた肉体の動きがスクリーンから迫ってくれば、それだけで観客のテンションは上がるもの。主演キャストのテクニックが「それなり」でも、ドラマがおもしろければダンス映画は成立します。でも、超本格派ダンサーが主演を務めたら、偽りのない究極テクを堪能できる……。本作では、そんな法則が成立しています。

主演を務めるのは、ロシアの名門、マリインスキー・バレエ団に所属していた、キーナン・カンパ。本作で女優デビューということで演技は成長段階ですが、ダンスシーンの「本物感」は圧倒的です。NYの芸術大学が舞台なので、レッスン風景や、舞台でのパフォーマンスで、究極の技と美しい肉体のラインに惚れぼれ。「バレエ経験がある」程度の女優だったら、絶対に不可能なレベルなのです。

バレエ以外にも、さまざまなタイプのストリートダンスや、地下鉄構内でのダンスバトル、バーでのアイリシュ・ダンス、パーティーでのタンゴなど、全編に満ちあふれたダンスに、ヒロインとバイオリニストの恋や、仲間の絆、ライバル対決など青春映画定番のエピソードが自然にとけ込んでいるのも見事。ダンスシーンのカメラワークと編集も完璧だし、「ダンサーあるある」なネタも散りばめられ、青春ダンス映画としての輝きを強く放っています。

『ハートビート』 8月20日(土)より、新宿シネマカリテほか全国公開

最終更新:8/15(月) 17:00

講談社 JOSEISHI.NET

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。