ここから本文です

大原櫻子の“囚われた宇宙人”姿に嫉妬の声が殺到! “わんわん動画”流出で野村周平に怒りの声も?

おたぽる 8/15(月) 12:00配信

 6日、女優で歌手の大原櫻子が自身のインスタグラムに「囚われの身」と、現在放送中の月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)で共演している、俳優の山崎賢人、三浦翔平に両側から手を持ち上げられ、まるで囚われた宇宙人のようになった姿をアップ。これには、「ズルい~!」「イケメン2人も独占しやがって!」などと、女性からの嫉妬の声が殺到してしまったようだ。

広瀬すず、大原櫻子の“似てる”発言に「格が違う」とファンは否定 写真集売り上げ、乃木坂46・生田絵梨花に敗北には「嘘だ!」

 山崎と三浦は現在、若手俳優の中で、トップクラスの人気を誇り、「脚本がひどすぎる」「恋愛ゲームのシナリオの寄せ集め?」などと酷評されている『好きな人がいること』が、今のところ何とか平均視聴率10%前後を推移し、前々クールに放送された、有村架純・高良健吾主演ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、前クールに放送された、福山雅治主演ドラマ『ラヴソング』から続く、月9ワースト視聴率記録更新という不名誉から何とか回避できそうなのも、2人の人気のお陰といわれているだけに、女性ファンから、大原への嫉妬の声が爆発してしまったようだ。

「ただ、大原にしても、可愛らしいルックスと、歌手業・女優業をこなすマルチな才能ぶりで、多くの男性を虜にしていますから、山崎と三浦への嫉妬の声が殺到しているようです。特に、6月28日に、三浦が自身のインスタグラムに『さくの頭は手を置きたくなるね。』と、大原の頭に右手を置いてのツーショット画像をアップした際には、大原ファンから『馴れ馴れしく、櫻子ちゃんの頭に手を置くんじゃねー!』と、三浦ファンからは『頭ポンポンされて羨ましすぎる!』と、双方のファンからの嫉妬の声が激しく飛び交っていたようです」(芸能関係者)

 しかし、大原ファンから、最も目の敵にされているのは、ドラマ内で山崎と三浦の弟役を演じている、俳優の野村周平のようだ。先月18日、野村が自身のTwitterに、犬の耳や鼻を自分の顔に合成する人気アプリで、大原と一緒に楽しんでいる動画をアップした際には、「恋人気分かよ!」「離れろ!」などと、大原ファンを立腹させる事態となった。

「野村といえば、これまでにも、本田翼や広瀬すずなど、共演した女優との親密なツーショット画像をSNSにアップし、それぞれのファンから批判を浴びていたのですが、大原とは、昨年7月期に放送された月9ドラマ『恋仲』(同)で共演した際にも、ツーショット画像を披露していただけに、『おい、いい加減にしろよ!』『前回、あれだけ注意しただろ!』などと、大原ファンの怒りはさらに増すことに。その一方で、野村が今月6日、大原からプレゼントされたという直筆サイン入りのCDジャケットの画像を、自身のTwitterにアップした際には、『周平君、お友達にならない?』『住所教えるから、送って』などと、野村に取り入ろうとするファンも現れ始めていたようです」(同)

 野村は、5日には、「朝から強烈」と、同じくドラマで共演しているグラビアモデルの佐野ひなこからプレゼントされたとみられる、直筆サイン入りの写真集の画像をTwitterにアップ。佐野ファンから嫉妬の声が殺到したことは、いうまでもない。

最終更新:8/15(月) 12:00

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。