ここから本文です

不発のドルトムント香川に独紙が「もっとできる!」 ゲッツェとの定位置争いで奮起促す

Football ZONE web 8/15(月) 7:04配信

独スーパー杯バイエルン戦で、チームワースト2位タイの低評価に

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは14日(日本時間15日)に、ドイツ・スーパーカップでバイエルン・ミュンヘンと対戦し、0-2で敗れた。トップ下で先発出場した香川は前半には見せ場も作ったが、バイエルン守備陣の前に完封された。独地元メディアの評価でも、香川はチームワースト2位タイと振るわなかった。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 独地元紙「ルールナハリヒテン」が、この試合の採点(1点が最高、6が最低)を公開。香川はワースト2位タイとなる3.5点と評価された。前半は動きも良く、同7分にはエリア内に侵入して右足でシュートを放ったが、枠を捉えることはできず。後半には存在感が薄くなってしまった背番号23に対して、寸評ではもっとできるはずとの見方をされている。

「活発で、足取りも軽く、クリエイティブだったが完璧ではなかった。日本人はゲッツェとの争いになるだろう。もっとできる」

 今夏の移籍市場で、バイエルンから3シーズンぶりの復帰となるドイツ代表MFゲッツェがチームに加わった。この試合は欧州選手権参加の影響からコンディションの整っていないゲッツェは欠場となったが、今後は中央のポジションを争うライバルになると推測されている。

2失点喫するも守備陣は高評価

 2失点は喫したものの、ビッグセーブを披露したGKビュルキ、右サイドバックで奮闘した18歳のパスラックがチームトップタイの2点。バイエルンへ渡ったDFフンメルスの後継者として期待のDFバルトラが2.5点で続いた。

 MFカストロ、MFローデら4人が3点。FWオーバメヤン、DFシュメルツァーが香川と並ぶ3.5点で、FWラモスが単独ワースト評価の4点となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/15(月) 7:04

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。