ここから本文です

【旅の知恵袋】「市中免税店」の賢い使用術、知っていますか?

女性自身 8/15(月) 6:01配信

 海外旅行の楽しみのひとつが、空港の免税店でのお買い物。国内価格よりも20~40%も安い化粧品や香水、バッグ、時計……。でも搭乗時刻が迫って「ゆっくりショッピングができない!」というケースも。

「空港にある免税店が、東京・銀座の真ん中にあるんです。出国前の空港でバタバタせずに、どなたでもゆっくりお買い物ができますよ」

 そう話すのは、「ロッテ免税店銀座」のマーケティングを担当する韓国人スタッフ。街のなかにある“市中免税店”は、30日以内に海外旅行の予定がある人で、その航空券とパスポートがあれば、誰でも利用できる。購入した商品は、出発当日、空港(羽田空港か成田空港)で、出国手続きした後に受け取ることができる仕組みだ。

 旅行中、商品を持ち歩くのはちょっと大変と躊躇する人もいそうだが。

「韓国では“市中免税店”が常識。旅先で使うコスメやサングラスをじっくり選ぶことができますからね。さらに、僕が今履いている靴もシャツも、ソウルの“市中免税店”で買ったもの。海外旅行の機会を利用して、市中免税店で日常使うものを安く買っておくのも新しいスタイルなんです」(前出スタッフ)

 ということで、さっそく「ロッテ免税店銀座」に。空港の免税店より広々としてゴージャスな空間。8階にはGUCCIやCOACHなどのハイブランドのバッグや時計。9階には基礎化粧品からメークアップ用品、フレグランスなどのコスメが並ぶ。

 GUCCIやMCMのバッグも、空港よりも品数が多いのが特徴。サングラスや時計なども充実していて旅先で使いたい人にはなによりだ。

「『エスティ ローダー』の美容液は、日本だと30ml入りで1万円くらい。でも100ml入りが1万4,705円。娘の分と2本セットで買ったら、さらに安くなりました。旅をする前から楽しみが始まった感じです」

 と、興奮した様子で語るのは60代の女性。「8月は秋のシルバーウイーク前のセールも狙い目」とスタッフ。ちなみに、海外旅行の予定がない人でも入店は可能なので、海外に旅行や出張に行く人(30日以内のチケットがある人)と一緒なら購入できるという裏ワザも。

“海外旅行の前に免税品をゲット!”が賢い旅のスタイルかも。

最終更新:8/15(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。