ここから本文です

独特の見た目と味わいに注目!「ダムカレー」の正しい食べ方

@DIME 8/15(月) 11:31配信

日本には、優れたダムが豊富に存在する。中でも、北海道の「豊平峡ダム」、長野県の「岩倉ダム」、愛媛県の「大久保山ダム」はその形状や構造において評価が高い。この3つのダムに見立てられたカレーが、9月25日(日)までの期間限定で提供されている。そんな「ダムカレー」を手掛けたのは、銀座「マキシム・ド・パリ」の元総料理長が料理を手がける東京・赤坂の「GRILL & WINE GENIE’S TOKYO」だ。開発に当たり、担当者にこだわった点などを聞いてみた。

■東京ミッドタウンの「土木展」でオリジナルダムカレーを考案

今回、「GRILL & WINE GENIE’S TOKYO」は、東京ミッドタウン内にある21_21 DESIGN SIGHTで開催される「土木展」に合わせて「銀座プラチナダムカレー」を手がけることになった。

21_21 DESIGN SIGHTは、「土木展」のコンセプトをより多様な形で広げ、訪れる客に楽しんでもらえるように、展示内容の一つである「ダムカレー」の提供が可能な店舗を、東京ミッドタウン内で探していたという。そこで、声がかかったのが、「GRILL & WINE GENIE’S TOKYO」だったというわけだ

「GRILL & WINE GENIE’S TOKYO」は「土木展」の企画に賛同し、連動して独自の「ダムカレー」を開発することを決定。21_21 DESIGN SIGHTより「土木展」企画概要と「ダムカレー」についての情報提供を受け、メニューのコンセプト作った。そして、具体的な具材やダムの形をオリジナルで考案し、今回の3種類のメニュー提供に至ったという。

■地元の食材が贅沢に使われた3種のダムカレー

今回作られたダムカレーの元になったダムは、北海道の「豊平峡ダム」、長野県の「岩倉ダム」、愛媛県の「大久保山ダム」。それぞれ、独特の見た目と味わいを生み出している。

『夏野菜ダムカレー』は、北海道の「豊平峡ダム」をイメージしたアーチ型のご飯にカレーがせき止められている。サイドには、北海道の旬の夏野菜を「ロースト」というフレンチの基本調理法で調理したものが品よく添えられている。

『キノコボルドー風ダムカレー』は、長野県の「岩倉ダム」をイメージした三日月形のご飯にカレーがせき止められ、長野県産きのこのボルドー風と、同じく長野県産の豚のフォンテーヌが添えられた。

『真鯛フリカッセダムカレー』は、愛媛県の「大久保山ダム」の特徴である堤高の高いアースダムに見立てた台形のご飯にカレーがせきとめられている。サイドは愛媛県産の真鯛のクリーム煮。フランスの家庭料理「フリカッセ」で調理されたものだ。

いずれも忠実にダムの形状を再現し、地元に敬意を払うかのように、特産品を贅沢にフランス料理でアレンジされているのが特徴だ。

■ダムカレーのこだわりと一番人気は?

このダムカレーのこだわった点について、「GRILL & WINE GENIE’S TOKYO」の担当者はこう語る。

「こだわったのは、フレンチの手法を生かし、地方の郷土料理をアレンジしたところです。生クリームとバターをふんだんに使った欧米のカレーをベースに、ダムが立地する地域の旬の食材を使い、フレンチとダムカレーを融合させました」

今回、カレーに使用されたのは、現在「GRILL & WINE GENIE’S TOKYO」のメニューにある「銀座プラチナカレー」だ。

「銀座プラチナカレーは、「マキシム・ド・パリ」総料理長時代に、裏メニューとしてVIPのためだけに出していたカレーをアレンジしたものです。

一般的なカレーのルーとは違い、ルーというよりソースに近く、スパイシーではあるものの、生クリームと高濃度バターにより、マイルドでクリーミーなカレーになっています」

■ダムカレーの正しい食べ方とは?

「GRILL & WINE GENIE’S TOKYO」の担当者に、このダムカレーをどのように食べて欲しいかと尋ねたところ、ダムカレーの正しい食べ方を思わせる答えが返ってきた。

「“ダムを放水させるようなイメージ”で召しがっていただいても良いですが、基本的に、食べ方はお客様におまかせしています。味のこだわりはもちろん、ダムの形にもこだわっているので、楽しみながら食べていただきたいです」

ちなみにこのダムカレー3種のうち、現時点での一番人気は、長野県岩倉ダムの「キノコボルドー風ダムカレー」だという。

ぜひ3つのダムカレーを食べ比べて、各々自由に“放水”させながら、オシャレなフランス風ダムカレーを味わいたい。


取材・文/石原亜香利

@DIME編集部

最終更新:8/15(月) 11:31

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き