ここから本文です

清武先発のセビージャ、昨季リーガ王者のバルサに敗戦。スーペルコパ先勝ならず

フットボールチャンネル 8/15(月) 6:51配信

【セビージャ 0-2 バルセロナ スーペルコパ1stレグ】

 現地時間14日にスーペルコパ1stレグが行われ、セビージャはバルセロナと対戦。巧みな連携からバルセロナのルイス・スアレスなどにゴールを決められ、セビージャは0-2の敗戦を喫している。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 今年の大会では昨季リーガエスパニョーラとスペイン国王杯を制したバルセロナと、スペイン国王杯準優勝のセビージャが戦うことになった。今夏の移籍市場でハノーファーからセビージャに移籍してきた日本代表MF清武弘嗣が先発出場を果たしている。

 前半はお互いにゴールを奪えない状況が続くが後半に入って試合が動く。やや後方から浮かせたボールをゴール前に入れると、味方が落としたボールをルイス・スアレスが蹴り込みバルセロナに先制点が入った。さらに81分にはムニル・エル・ハッダディに追加点を決められている。

 結局、セビージャはゴールを奪う事ができず0-2の敗戦を喫した。昨季のリーガ得点王のゴールとバルサ期待の若手FWの得点によりバルセロナが先勝している。

【得点者】
54分 0-1 スアレス(バルセロナ)
81分 0-2 ムニル(バルセロナ)

フットボールチャンネル

最終更新:8/15(月) 7:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。