ここから本文です

睡眠中の姿勢に合った枕の選び方

ライフハッカー[日本版] 8/15(月) 21:10配信

朝スッキリ気持ちよく起きるか、それとも腰や首の痛みとともに起きるのかは、枕によって変わってきます。そして、どちらも一日中影響するものです。理想的な枕を見つけるためには、睡眠中の姿勢を考える必要があります。皆様は仰向けで寝ますか? それとも横向き、もしくはうつ伏せでしょうか?

ライフスタイル・ブログの「Lifescript」では、理想の枕について以下のように語られています。
 
基本的には、適度な硬さがあり、厚すぎない枕が理想です。このような枕であれば、頭と首のラインが立っている時と同じようにまっすぐになります。また、睡眠中の姿勢別の理想の枕は次のようになります。

■ 仰向け:首のカーブに沿うように作られている低反発枕が良いでしょう。もしくは全体を均等に支えてくれるウォーター枕もオススメです。

■ 横向き:横向きになった時に首の下を支えるため、中くらいの硬さの枕を使いましょう。また、背骨の配置を整えるために、ヒザの間に枕をはさむといいでしょう。

■ うつぶせ:残念ながら、お勧めできません。腰や首にストレスをかける姿勢だからです。うつぶせで寝たい方は、大きな抱き枕を使ってみましょう。うつぶせで寝るのと似たような感覚を味わうことができます。

首に痛みがある場合など、あなたの事情に合わせて枕を選びたい場合は、下のリンクも参照してみてください(英文)。枕選びについてのより詳しい情報が載っています。

What's the Right Pillow for You? | Lifescript
Melanie Pinola(原文/訳:伊藤貴之)

最終更新:8/15(月) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。