ここから本文です

FW3番手の扱いに佐藤寿人が吐露。「必要としてくれるところへ…」

webスポルティーバ 8/15(月) 14:30配信

 開幕2試合目の名古屋グランパス戦(3月6日)で中山雅史と並んでいたJ1最多得点を「158」に更新し、2016シーズンもゴール量産が期待されていたサンフレッチェ広島の佐藤寿人。だがその後、2ndステージ・第8節を終えた段階で、今季は12試合・3得点という成績にとどまっている。

【写真】ファーストステージを4位で終えたサンフレッチェ広島。リオ五輪でも活躍した浅野拓磨はアーセナルへ

 そのうち、スタメン出場はわずかに6試合のみで、ベンチ入りすらできない試合も少なくない。長年にわたり広島のエースとして君臨してきた男に、今、いったい何が起きているのか?

 今年で34歳となった佐藤には、ここ数年、世代交代の波が寄せていたのはたしかだった。とりわけ、昨シーズンは34試合すべてにスタメン出場しながら、フル出場は1試合のみ。ブレイクの予感を漂わせていた浅野拓磨との途中交代が恒例行事となっていた。

 今季の焦点は、その浅野との1トップのポジション争い。しかし、川崎フロンターレとの開幕戦でスタメンに名を連ねていたのは佐藤であり、まだまだ健在であることをアピールしていた。

 佐藤にとって誤算だったのは、3月12日の湘南ベルマーレ戦(第3節)で負傷してしまったこと(この日は佐藤の誕生日だった)。大事にはいたらなかったものの、続く大宮アルディージャ戦からベンチ要員となり、この間に本来、シャドーとしての起用が考えられていたピーター・ウタカが1トップに入ってゴールを量産。浅野ではなく、この新外国籍選手に佐藤はポジションを奪われたのだ。

 5月上旬まではACLがあったため、佐藤はこのアジアのコンペティションで起用されていたものの、グループステージで敗れてリーグ戦1本の状況となると、実戦から遠ざかることになる。5月のリーグ戦出場はわずか19分。6月18日の浦和レッズ戦(1stステージ・第16節)で久しぶりに途中出場を果たし、今季2点目のゴールを決めると、試合後のインタビューで堪(こら)えきれずに思わず涙を流してしまう場面もあった。

 佐藤が精神的に追い詰められていたのは、間違いなかった。

 佐藤にも好転のチャンスがなかったわけではない。ボランチや最終ラインにケガ人が続出した状況下で、広島はボランチを1枚削って2トップに変更。佐藤はウタカとコンビを組み、スタメンに戻っていた。もっとも、この応急処置的な布陣変更はわずか3試合で見切りをつけられ、システムが1トップに戻ると、佐藤はふたたび出番を失った。

“エース失墜”の歴史を紐解けば、たとえばヴィッセル神戸に所属していた三浦知良は、2002年の2ndステージから新外国籍選手の加入もあって出場機会の減少とともに得点数が減り、2004年からは途中出場がほとんどとなった。また、ジュビロ磐田の中山雅史は2003年に恥骨結合炎が再発し、以降はケガとともにキャリアを歩んでいくことになった。

1/3ページ

最終更新:8/15(月) 18:58

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ