ここから本文です

生活インフラを提供する電力会社のSSL対応状況は?

@DIME 8/15(月) 18:30配信

サーバ認証書SSL発行サービス「BitStarSSL」を提供するビットスターは、日本の主要電力会社を対象にWebサイトのSSL対応状況について調査を実施。各電力会社のWebサイトを対象に3つの項目を設け、SSL対応状況の基準をクリアしているかを調べたうえで、「BitStarSSL」のWebサイト上で結果のランキングを発表した。

Googleは検索クエリ暗号化を採用し、SSL化を推奨のアルゴリズムに導入。急速に進むインターネット全体のSSL化を背景として、「BitStarSSL」では生活インフラを提供する日本の主要電力会社のSSL対応状況について調査した。

◎トップページのHTTP、HTTPSでのアクセス結果(常時SSLの対応状況調査)

Yahoo!JAPANが常時SSLへの対応を発表した中、常時SSLを提供している電力会社は東北電力、中部電力、沖縄電力のわずか3社のみだった。

◎お問い合わせページのHTTP、HTTPSでのアクセス結果

調査した電力会社サイトのお問い合わせページは、すべてHTTPS化(SSL化)。お問い合わせページのSSL化意識は高い。

◎個人契約変更ページのHTTP、HTTPSでのアクセス結果

基準をクリアした電力会社は6社。中部電力、中国電力、九州電力のサイトは調査ページにHTTP接続を試みると、HTTPのページにアクセスでき、危険な状況だといえる。

日本の主要電力会社10社を調査した結果、お問い合わせページはSSL化していた。しかし、他の個人情報を入力するページはSSLに非対応している電力会社は多く、常時SSLにはほとんど対応していなかった。

調査結果のランキングでは、東北電力と沖縄電力が同率1位となった。両サイトは今回の調査項目において、すべて基準を満たしており、素晴らしいSSL対応状況といえる。一方、5位以下の北陸電力を除くサイトではSSL状況に問題がある×の評価があり、早急に対応するべきだと考えられる。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/15(月) 18:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。