ここから本文です

「すごい総北らしい箱学らしい良い曲やん」ドラマ『弱虫ペダル』のキャストが歌うED曲が“ペダルっぽい”と大好評!!

おたぽる 8/15(月) 20:03配信

 8月26日より「BSスカパー!」にて放送が開始されるドラマ『弱虫ペダル』。原作コミックスの累計発行部数は1,500万部を超え、これまでにアニメ化や舞台化もされた大人気マンガの実写ドラマ化ということで、ファンからの期待が高まっている中、先日ドラマのエンディングテーマが公開され、「ペダルっぽい!」「アニメの曲と雰囲気似てる!」とファンの間で話題になっている。

 ドラマ公式サイトによると、エンディングテーマは「THE DAY」と「Winning Tracker」の2種類あり、この2曲を収録したCDが来月9月14日に発売するという。価格は1,200円(税抜き)で、ジャケットには、ドラマキャスト陣の撮り下ろしビジュアルが使用されるとか。そして、この「THE DAY」と「Winning Tracker」はドラマのために書き下ろされた楽曲で、キャスト陣がドラマの疾走感や勢いをそのままに、迫力のサウンドにのせて歌い上げているというのだ。
 
「THE DAY」を歌うのは、主人公・小野田坂道役の小越勇輝をはじめ、今泉俊輔役の木村達成、鳴子章吉役の深澤大河、金城真護役の郷本直也、田所迅役の友常勇気、巻島裕介役の馬場良馬といった、総北高校自転車競技部の6名。熱く、力強い歌声を披露している。

 そして、アナザーエンディング曲である「Winning Tracker」は、福富寿一役の滝川英治、荒北靖友役の鈴木拡樹、東堂尽八役の北村諒、新開隼人役の宮崎秋人、泉田塔一郎役の青木空夢、真波山岳役の植田圭輔ら箱根学園の6名が、クールに爽やかに歌い上げている。

 現在、YouTubeの「TOHO animation チャンネル」にはこの2曲が公開されており、ネットでは、俳優ファンから「どっちもカッコいいな~!」「小越君、声可愛い。今泉くんかっこいいo(^▽^)o」「うえちゃんいい声で惚れ直しました。゜(゜^ω^゜)゜。」などと、絶賛の声が上がっているほか、「めっちゃペダルっぽい!」「とてもとても真っ当にかっこよくてさわやかで最高……」「CD買う!絶対!!!」「すごい総北らしい箱学らしい良い曲やん;_;ドラマが観れんのが本当つらい;_;」「総北は純粋に歌上手いし 箱学はキャラっぽい声だしかっこいい これフル聞きたいわ」「アニメのキャラソンでもそうなんだけど、最初は箱学が好きで、後から総北もじわじわ好きになってく感じ。総北の曲はスルメ」「アニメのそれぞれのチーム曲と雰囲気似てる!」「アニメでもドラマでも総北と箱学全員での曲の雰囲気が同じで嬉しい~!」と、原作ファンやアニメファンからも高い評価を得ているようだ。

 また、同チャンネルには、ドラマの第1話冒頭映像も公開されており、キャストたちがバイクを漕ぐ姿が収められたOP映像をはじめ、小野田坂道と今泉俊輔の出会いのシーンをひと足早く見ることができ、「CG感がすごい」との声はあるものの、「益々楽しみになってきた」「早くみんなが出てくるとこ見たい」「この先が楽しみ」とこちらも好評のようす。

 本作には、大人気作となった舞台版『弱ペダル』に出演する俳優や2.5次元作品で活躍する俳優を多数起用していることから、期待を寄せるファンが多数いる反面、“ハンドルのみ”でロードレースを表現した舞台版とは違い、今回は実際にロードバイクに乗るといった点や、舞台メイクとドラマのメイクが違うといった点などが懸念され、一部のファンからは「クソドラマ感……」「なんか違う」といった不安の声も上がっていたが、徐々にそのマイナスイメージも払拭しつつあるようだ……。

 ドラマ『弱虫ペダル』がどんな盛り上がりを見せていくのか、26日からのドラマ放送が楽しみだ。

最終更新:8/15(月) 20:03

おたぽる