ここから本文です

マンUにポルトガル代表CB獲得の可能性が浮上 サウサンプトン吉田の未来にも影響か

Football ZONE web 8/15(月) 11:42配信

大型補強連発のマンUが、EURO制覇に貢献したフォンテに白羽の矢

 マンチェスター・ユナイテッドが、サウサンプトンのポルトガル代表DFジョゼ・フォンテを獲得する可能性が浮上している。今夏、大型補強を連発している“赤い悪魔”が欧州選手権優勝(EURO)メンバーの実力者を加えて、盤石の態勢を整えようとしている。英地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」が報じた。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 ユナイテッドはモウリーニョ監督を招聘した今夏、コートジボワール代表DFエリック・バイリーをビジャレアルから獲得したのを皮切りに、FWズラタン・イブラヒモビッチ、MFヘンリク・ムヒタリアン、MFポール・ポグバと、ビッグネームと契約を次々に交わした。

 充実の戦力を揃えたユナイテッドだが、指揮官は最終ラインにさらなる補強を目論んでいるようだ。これまでもレアル・マドリード時代の教え子であるフランス代表DFラファエル・ヴァランやイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが候補に浮上していたが、ここにきてモウリーニョ監督の同胞フォンテに目をつけたようだ。フォンテとモウリーニョ監督は、ともに敏腕代理人ジョルジュ・メンデスの顧客という共通点もある。

フォンテ移籍なら吉田が定位置確保か

 32歳のベテランセンターバックは2007年からイングランドでプレーしているため、プレミアリーグでの経験は申し分ない。10年1月に現在のサウサンプトンに移籍し、現在はキャプテンを務めている。31歳で代表デビューした遅咲きだが、今夏のEUROでポルトガルの初制覇に貢献したことで評価を高めている。

 フォンテが移籍となれば、日本代表DF吉田麻也にも影響を及ぼすことになる。昨季サウサンプトンでは、フォンテとオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが不動のセンターバックコンビを築いた。フォンテが欠場した13日のリーグ開幕戦(ワトフォード/1-1)では吉田がファン・ダイクとともに先発した。フォンテの去就次第で、吉田がレギュラーポジション奪取する可能性は高そうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/15(月) 11:42

Football ZONE web