ここから本文です

「マンUがタダで放出したのはお笑いだった」MFピルロ、若き日のポグバを語る

フットボールチャンネル 8/15(月) 8:00配信

 元ユベントスのMFアンドレア・ピルロは、かつてのチームメイトであるポール・ポグバとの思い出を語り、マンチェスター・ユナイテッドが若き日の彼をフリーで放出したことが「お笑いだ」と語っている。14日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【動画】パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 現在、アメリカMLSのニューヨーク・シティでプレーするピルロは、2012年夏、当時19歳のポグバがユベントスに加入した時のことを「若かったけど、特別なものを持っているのは分かった。練習後、ロッカールームへ引き上げている時のことだったが、ジャンルイジ・ブッフォンが笑いながら『ユナイテッドが彼をフリーで放出したのは本当か?』と話しかけてきたのを覚えているよ」と述べ、「僕らはこんな選手をフリーで出したのが信じられないと笑っていたよ」と振り返る。

 そして、37歳のMFは「ユベントスが彼を放出したがっていたとは思わないが、彼らにとって事はうまく運んだと思う」と述べ、「フリーであれだけの選手と契約して、4シーズン様々なタイトルを獲得し、そして1億2000万ユーロ(約135億円)で売却したのだから」とコメントする。

 さらにピルロは「ポグバは私が見た最高のヤングプレーヤーだ。”世界一”と呼ばれる日も遠くないと思っている」と述べ、「この数年、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドがナンバーワンと言われてきたが、サッカー界も新しいキングを迎える準備をしなければいけないね」とポグバのさらなる進化を予感しているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/15(月) 11:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。