ここから本文です

「アーセナルファンを興奮させるに十分」 浅野のリオ五輪での輝きを海外メディアが称賛

Football ZONE web 8/15(月) 19:11配信

2ゴールを奪って存在感を発揮 グループリーグ敗退を惜しむ声も

 アーセナルのU-23日本代表FW浅野拓磨が、リオデジャネイロ五輪での2得点の活躍で「アーセナルファンを興奮させるに十分」と評価を高めている。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 浅野はグループリーグ第2戦のコロンビア戦と、第3戦のスウェーデン戦2試合で先発。大会2得点と存在感を発揮した。記事ではその活躍を、次のように報じている。

「21歳はナイジェリア戦でラブリーなバックヒールで得点し、次の試合では真のストライカーとして活躍。エリアの中からコロンビア相手にシュートを決めた」

 日本は1勝1分1敗でグループ3位に終わり、大会から早々と姿を消すことになったが、記事でも日本の早すぎる敗退が惜しまれている。

「あと数試合で彼は自分のリズムを…」

「日本とこの若きタレントがトーナメントに進出できなかった事実を後悔するのは、アーセナルサポーターだけではないだろう。あと数試合で、彼は本当の自分のリズムを手にできたかもしれない」

 決勝トーナメントに進出すれば、“ジャガー”の異名を持つ浅野の才能がブラジルで輝きを増したのでは、と分析されている。リオ五輪での活躍によって、浅野はアーセナルが目をつけた逸材としての評価を高めたようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/15(月) 20:23

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。