ここから本文です

香川フル出場、ドルトムントは前半のチャンス活かせず「最後の精度で差が出た」

フットボールチャンネル 2016/8/15(月) 8:59配信

 現地時間14日にドイツ・スーパーカップが行われ、ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンと対戦し0-2の敗戦を喫した。この試合でドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は先発出場を果たし90分間戦っている。

【動画】パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 この結果を受けて香川は「前半にチャンスがあって、取りきりたかったというのが率直な感想です」と語り、ドルトムントに何度かチャンスが訪れていたものの、ゴールに結びつかなかったことを悔やんだ。

 どのような”狙い”を持って試合に挑んでいたかについては「前からガンガンとプレスをかけていこうと。相手はEURO組も含めてコンディションが整っていない状態だったので、僕らの方がアドバンテージあったと思います。そういうのも含めて、ショートカウンターからビッグチャンスにつながっていました。そこは狙い通りでしたけど。ただ、最後の精度という意味ではちょっと差が出たかなと思います」とコメントしている。

 また、「前半の早い時間帯で取れたら、僕らが主導権を握り戦いやすくなっていたと思うので、そういった、やりたいことをやられたかなと思います」と語り、改めて前半の戦い方に触れた。

 そして、自身の目標については「最後の1対1であったり、局面局面でどれだけ違いを見せることができるかであったり、リスクをおかしてチャレンジできるかっていうのを、今シーズンやっていかないといけないなと思いました」と、今季に向けた抱負を語っている。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/15(月) 11:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!