ここから本文です

香川フル出場、ドルトムントは前半のチャンス活かせず「最後の精度で差が出た」

フットボールチャンネル 8/15(月) 8:59配信

 現地時間14日にドイツ・スーパーカップが行われ、ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンと対戦し0-2の敗戦を喫した。この試合でドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は先発出場を果たし90分間戦っている。

【動画】パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 この結果を受けて香川は「前半にチャンスがあって、取りきりたかったというのが率直な感想です」と語り、ドルトムントに何度かチャンスが訪れていたものの、ゴールに結びつかなかったことを悔やんだ。

 どのような”狙い”を持って試合に挑んでいたかについては「前からガンガンとプレスをかけていこうと。相手はEURO組も含めてコンディションが整っていない状態だったので、僕らの方がアドバンテージあったと思います。そういうのも含めて、ショートカウンターからビッグチャンスにつながっていました。そこは狙い通りでしたけど。ただ、最後の精度という意味ではちょっと差が出たかなと思います」とコメントしている。

 また、「前半の早い時間帯で取れたら、僕らが主導権を握り戦いやすくなっていたと思うので、そういった、やりたいことをやられたかなと思います」と語り、改めて前半の戦い方に触れた。

 そして、自身の目標については「最後の1対1であったり、局面局面でどれだけ違いを見せることができるかであったり、リスクをおかしてチャレンジできるかっていうのを、今シーズンやっていかないといけないなと思いました」と、今季に向けた抱負を語っている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/15(月) 11:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。