ここから本文です

リオ五輪期間中に衝撃! 伊スポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」の公式サイトがハッキング被害

Football ZONE web 8/15(月) 20:05配信

アルバニア組織が大胆不敵な犯行声明でサーバーダウン

 ピンク色を基調としたデザインで知られるイタリア最大手スポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」の公式サイトがハッキングされる事件が起きた。8月15日は「Ferragosto(聖母被昇天の祝日)」というイタリア国民の三大祝日の一つとされる日だが、公式サイトのトップページには黒地に赤い文字で現代社会の問題を訴えるメッセージが表示されている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 ガゼッタ紙の国際版メディア「ガゼッタ・ワールド」は同紙のウェブサイトがハッキングの被害に遭っていることを報告している。

「『ガゼッタ・デロ・スポルト』のウェブサイトは、月曜日に「AMAR ^ SHG」として知られているハッカーグループに狙われた。サイトはFERRAGOSTOであるイタリアの祝日にサーバーがハッキングされ、ダウンしている。メッセージには、社会の中で、世界の不完全性やその他の現在の問題を強調し、サイトのメインページに残されている」

リオ五輪中に標的

 若い男女のキス写真に加え、「AMAR^SHGがハック」と犯行声明まで残しているこのハッカー組織はアルバニアのグループに所属。今年に入ってフランスの衛星放送「カナル・プリュス」のウェブサイトも攻撃し、ハッキングしていた。

 セリエAの開幕を1週間後に控え、しかも、リオデジャネイロ五輪開催中でスポーツ全体に注目が集まる中、イタリアのスポーツ報道の中心であるガゼッタ紙がハッキング被害を受けてしまった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/15(月) 20:15

Football ZONE web