ここから本文です

インテル、アーセナルFWを89億円で“爆買い”へ。エースとのトレードも検討か

フットボールチャンネル 2016/8/15(月) 11:20配信

 インテルは、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスを獲得するために信じられないオファーを用意しているようだ。14日付の英紙『ザ・サン』が報じている。

【動画】パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 サンチェスは、クラブと2018年まで結ばれている契約の更新を望んでいるようだ。しかし、アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル監督が否定したとはいえ、クラブは同選手が望む年俸増額での契約更新をするつもりがないとみられている。

 そこでインテルは、その状況を利用し、サンチェスの獲得に向けて7900万ユーロ(約89億円)ともみられる巨大なオファーを用意しているようだ。

 しかし、決して簡単な交渉とはならないとスペイン紙『ドン・バロン』が報じている。実際その通り、レアル・マドリーが買戻し権を行使してFWアルバロ・モラタを連れ戻した後にユベントスが代役としてサンチェスの獲得に乗り出したが、アーセナルからオファーを断られた。

 その一方で、先日インテルの新指揮官に就任したフランク・デ・ブール監督は、移籍の噂がされているエースのFWマウロ・イカルディを売却した資金でサンチェスを獲得する大型投資をクラブへ要求したと報じられている。

 現在イカルディの獲得に動いているのはナポリだ。6000万ユーロ(約68億円)でイカルディの獲得に動いていると報じられているが、アーセナルもイカルディの獲得を狙っていることから、サンチェスとトレードをする可能性も浮上しているようだ。

 そのトレードが実現すれば、移籍市場終了間際の超大型トレードとなる。今夏の移籍市場も、最後の最後までサプライズが待っているかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/15(月) 11:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。