ここから本文です

“悪童”バロテッリの就活が難航。セリエAの地方クラブにまでフラれる

フットボールチャンネル 8/15(月) 14:32配信

 リバプールのFWマリオ・バロテッリの新天地探しが難航している。14日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ユルゲン・クロップ監督から戦力外通告を受けたバロテッリは、現在新天地を探して逆オファーを送っている。しかし、すでに4つのクラブから断られたようだ。バロテッリはまず、ユベントスへ移籍した昨季のセリエA得点王ゴンサロ・イグアインの代役を探すナポリへ売り込みをかけたが、2度も拒否された。

 次に昨季のトルコリーグ得点王マリオ・ゴメスの代役を探すベシクタシュにターゲットを変えたが、ここでも監督が獲得を拒んだ。さらに昨季のオランダリーグ得点王アルカディウシュ・ミリクをナポリに売却したアヤックスや、セリエAのサッスオーロへ逆オファーを試みたものの、ことごとく失敗に終わっている。

 ヨーロッパリーグのプレーオフへ進出したサッスオーロは経験豊富なストライカーを探しているが、バロテッリとは違うタイプのFWを求めたために加入は実現しなかった。

 そして今、最後の選択肢として残ったクラブはサッスオーロより小規模で、セリエA残留を目標にするキエーボだけになった。同クラブは期限付き移籍でバロテッリを獲得しようとリバプールと選手本人を説得中だと報じられている。

 これまでエリート街道から外れることなくサッカー人生を過ごして来たバロテッリ。ここに来てこれまで犯してきた数々の“悪行”の代償を払わされている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/15(月) 15:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。