ここから本文です

バルサ“GK問題”が解決へ。マンCは第2GKではなく正守護神を獲得か

フットボールチャンネル 8/15(月) 20:30配信

 バルセロナを巡る“GK問題”が意外な形で解決に向かっているようだ。14日付け『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 今季からジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮をとるマンチェスター・シティは、同指揮官が望むスタイルに合うGKを探している。バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンにも獲得オファーを出したとされている。バルセロナはシュテーゲンの移籍金を8000万ユーロ(約90億円)と一歩も引かず、そこでマンチェスター・シティは同クラブの正守護神クラウディオ・ブラーボ獲得を目指しているようだ。

 ジョアン・ガンペール杯の後にブラーボは親しい関係の人間に「シティとほとんど合意している」と語っていたとのこと。さらに現地時間13日に行われたプレミアリーグ開幕戦のマンチェスター・シティ対サンダーランドの試合ではシティの正GKを務めてきたイングランド代表GKジョー・ハートがサブに回ったことによってブラーボの移籍は確実なのではないかと見られている。

 果たしてブラーボはイングランドに活躍の場を移すことになるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/15(月) 20:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。