ここから本文です

吉田にチャンス到来!? セインツ主将がマンU移籍か…退団の意思固める

フットボールチャンネル 8/15(月) 21:35配信

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は守備陣にさらなる補強を検討しているようだ。そのターゲットはサウサンプトンの主将ジョゼ・フォンテだと、英紙『テレグラフ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ポルトガル代表として夏のEURO制覇に貢献した32歳のベテランDFは、モウリーニョ監督と同郷でもある。そして昨季サウサンプトンと新たな3年契約を締結した際、良いオファーが届けばクラブは移籍を邪魔しないという紳士協定を盛り込んでいたという。

 フォンテにはすでにエバートンからオファーが届き、ユナイテッドも続くと見られる。本人はすでにサウサンプトン退団の意思を固めており、セリエA挑戦も選択肢の中にあるようだ。高額なサラリーを含む好条件を引き出すキャリア最後のチャンスであることが決断の理由だ。

 2010年からサウサンプトンに在籍し、3部時代から最終ラインを支えてきたクラブの顔とも言える存在だったフォンテ。13日のプレミアリーグ開幕戦はベンチ入りしたものの出場はなかった。昨季までの絶対的主力であるポルトガル代表DFが抜ければ、日本代表DF吉田麻也にとってはレギュラー奪取のまたとないチャンス到来と言えるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/15(月) 22:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。