ここから本文です

超多忙・不規則・飲み会続き… それでも結果を出せる「一流の睡眠方法」

ダ・ヴィンチニュース 8/15(月) 6:30配信

 医学的根拠と事例に基づく32の睡眠問題解決法『一流の睡眠――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略』が2016年8月5日(金)に発売された。

 著者は、医師として働きつつ慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶応ビジネス・スクール)に通い、医療機再生コンサルティング会社を設立した裴英洙。裴は現在も臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行っている。

 そんな医師とビジネスパーソン両方の視点と経験を併せ持つ裴が、限られた時間と超多忙な生活の中でも熟睡して疲れがとれ、仕事のパフォーマンスが上がる現実的かつ具体的な方法を教える。

<こんな悩みを解決!>
・ベッドに入ってもしばらく眠れない
・眠気がとれず仕事に集中できない
・寝ても疲れがとれない
・寝不足で生活リズムが乱れている
・仕事のパフォーマンスにムラがある
・ベストな睡眠時間がわからない
・夜中に何度も目が覚める
・健康上「最低限の睡眠時間」が知りたい
・「ひょっとして不眠症かも」と感じている
・悩みや不安で眠れない
・起きてしばらく眠気がとれない
・毎日、ランチ後の睡魔と戦っている
・徹夜した翌日は仕事にならない
・飲み会翌日はパフォーマンスが落ちる
・夏場に熟睡できない

 裴は、「8時間眠りなさい」「できれば22時に眠りなさい」「規則正しく栄養管理の行き届いた食事を摂りなさい」「睡眠時間を確保することから1日をスケジューリングしなさい」といわない。同書を読んで一流の睡眠の仕方を学んでみよう。

※掲載内容は変更になることがあります。

最終更新:8/15(月) 10:20

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。