ここから本文です

「パンツ一丁」で見事な司会を見せたリネカー。名物番組ホストの座はまだまだ安泰だ!

SOCCER DIGEST Web 8/15(月) 16:00配信

リネカーのパンツ姿にインターネットがパンク状態に。

 8月13日、プレミアリーグ2016-17シーズンの火蓋が切って落とされ、ガリー・リネカーのバスローブも帯が解かれた。
 
 イギリス国営放送『BBC』の人気番組『マッチ・オブ・ザ・デー』で司会を務めるレスター出身の元ストライカーは、地元クラブ優勝の暁には「下着姿で」とツイートした昨シーズン半ばの約束を実行。同日夜の放送に、レスターのエンブレムが入った白いトランクス一丁で登場した。
 
 その衝撃は、ソーシャルメディアへの投稿殺到で一時的にインターネットがパンク状態と報じられたほど。ゲスト解説者のイアン・ライトが目のやり場に困っていなければ、25分程度ではなく、90分間の放送時間フルタイムをパンツ姿でこなしていたのではないだろうか?
 
「新シーズン、新オープニング、新監督、新戦力。その他はほぼ例年通り」と、いつものようにユーモアを交えた滑らかな口調の第一声から、パンツ一枚が嘘のような当人の落ち着きにも驚かされた。まさにプロ意識の成せる業だろう。
 
 現役当時からチームメイトを相手にインタビューの練習をしていたというリネカーは、1999年に人気ハイライト番組の司会に抜擢された後も入念な準備を怠らないことで有名だ。
 
 今シーズン第1回の放送に際しても、「昨シーズンの王者(レスター)が昇格チーム(ハル)に“パンツをずり下ろされました”(辱めを受けたという意味)」という締めのセリフまで、納得いくまでデリバリーを練習したに違いない。
 

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

人気を博したランパードのナイスガイ風の解説。

 その見事な司会ぶりに、国内では誰が後を継ぐべきかが話題になることがある。ゲスト解説者の常連で、この日の番組内でリネカーから青いブリーフを誕生日プレゼントに贈られたアラン・シアラーも候補と目される1人だ。
 
 リオ・ファーディナンド(2015年に現役引退)も人気だが、当人は次期イングランド代表監督に興味がある様子だ。
 
 やはり本人がメディアでのセカンドキャリアを望めばの話だが、フランク・ランパード(現ニューヨーク・シティ)は有力に思える。ナイスガイ風の好印象や明瞭な語り口はリネカー似。奇しくも現任者が「下着司会」を約束することになった、昨年12月のレスター対チェルシーでのプレミア解説者デビューも好評を博した。
 
 もっとも、リネカーは昨年6月にBBCと新たに5年契約を結んだばかり。今シーズンのスタートと同時に、55歳とは思えない素晴らしい肉体も明らかにされた。「胸筋が弛んでいたら嫁のブラを貸してやる」という、シアラーによる昨シーズン末の申し出を受け入れる必要もなかった。
 
 開幕節初日にレスターがハルに敗れ、ペップ・グアルディオラ新体制のマンチェスター・Cもサンダーランド戦で辛勝が精一杯だったように、今シーズンプレミアは予想が困難。しかし、リーグ戦ハイライト番組司会者の座は、まだまだリネカーのものだ。
 
文:山中忍
 
【著者プロフィール】
山中忍/1966年生まれ、青山学院大学卒。94年渡欧。イングランドのサッカー文化に魅せられ、ライター&通訳・翻訳家として、プレミアリーグとイングランド代表から下部リーグとユースまで、本場のサッカーシーンを追う。西ロンドン在住で、ファンでもあるチェルシーの事情に明るい。

最終更新:8/15(月) 18:38

SOCCER DIGEST Web