ここから本文です

【SBSカップ】「すごく良い経験になった」――高校ナンバーワンCB杉岡大暉が得た収穫と課題

SOCCER DIGEST Web 8/15(月) 16:07配信

「自信がついたし、課題が明確になった部分もあったので、すごく良い経験になった」(杉岡)

[SBSカップ第1試合]U-19日本代表0-1U-19スロバキア代表/8月14日/エコパ ※前後半40分ハーフ
 
「やっぱり、まだまだだなと思いましたね。裏への対応だったり、競り合いの対処の仕方も上手くいかなくて。ピンチも多かったし、GKに助けられた部分もあった」
 
 U-19スロバキア代表との一戦を振り返ったCB杉岡大暉(市立船橋高)の口からは、反省の言葉が漏れた。
 
 今回のSBSカップでは、高校レベルで全国屈指の実力を誇る6名の高校生を招集。果たして、彼らが代表レベルでどれだけのパフォーマンスを発揮できるのか――。そんなテストの意味合いも含まれた今大会で、CBとして全試合にフル出場した杉岡は、総じて見ればまずまずのプレーを披露した。
 
 もちろん、厳密に言えば課題もある。それは前述の言葉や「1対1の局面で抜かれないようにしたい」という本人の言葉からも明らかだ。それでも、球際での競り合い、空中戦での対応では安定感を覗かせるだけでなく、左利きのCBとして、正確なフィード、最終ラインからのビルドアップでも存在感を見せつけた。
 
 もっとも、本人にとって3試合を通じての出来は決して満足できるものではなかったようだ。
 
「組み立てのところでテンポだったり、リズムを作るっていうのは今回の役目でもあったので、もっとテンポよくできるようにならないと駄目だと思う」
「展開1試合に1、2本しか出せていないんで、もっと自信を持ってロングボールを出せていけるようにしたい」
 
 第1戦目のU-19コスタリカ戦後、「もっと自分の色を出していかないと厳しい」と指摘していたが、その後2試合でも満足できるほど出し切れていなかったようだ。
 
 では対照的に、収穫はなんだったのか。率直な質問を投げかけてみると、やはり常日頃接している環境とは違い、ワンランク上のレベルで戦えた部分が大きかったという。
 
「前に強くいくっていう部分で言うと、(相手を)潰せた部分もあったし、ラインコントロールのところもこのチームで学べたところ。そういうところはチームに持ち帰って成長につなげていきたい。結構自信がついた部分もあったし、課題が明確になった部分もあったので、すごく良い経験になったと思います」
 
 すでにCBには、高さのある町田浩樹(鹿島)、柏でレギュラーを張る中山雄太らが主力クラスに君臨するため、そこに割って入るのは決して簡単ではない。ただ、「可能性のある選手は何人かいた」(内山篤監督)との言葉を借りれば、杉岡にもチャンスの芽がないわけではない。
 
「今大会でのパフォーマンスを、次へつなぎたい」。そう語る高校ナンバーワンCBは、代表に定着できるか。10月のU-20ワールドカップアジア最終予選出場を目指し、まずは、8月下旬の欧州遠征へのメンバー入りを狙う。
 
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:8/15(月) 16:11

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。