ここから本文です

ボヌッチやゴディンに振られたチェルシー。ベンフィカの逸材CBに標的を変更

SOCCER DIGEST Web 8/15(月) 17:00配信

8月に入って戦略の見直しを余儀なくされた。

 ヨーロッパ中が注目するベンフィカのCBヴィクトル・リンデロフは、強靭な肉体を持つゴール前に立ちはだかる山脈のような存在だ。モダンフットボールのDFには欠かせない、柔軟な足技と機動力も備えている。
 
 まだ22歳だが若過ぎるわけではなく、もちろん未熟なわけもない。スウェーデン代表の一員として臨んだEURO2016では、CBと右SBで3試合にフル出場し、貴重な国際経験を積んだ。
 
 リンデロフはミランやローマの補強リストにも入っているが、いま引き抜きに最も熱心なのはチェルシーだ。アントニオ・コンテ新監督は不安定なディフェンスを改善するため、今夏の就任後ずっと新CBをフロントに強く求めている。
 
 指揮官は当初、ユベントスとイタリア代表で指導した教え子レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)をはじめ、ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー)、アントニオ・リュディガー(ローマ)、カリドゥ・クリバリ(ナポリ)などを望んでいたが、いずれも交渉が難航。8月に入って戦略の見直しを余儀なくされた。
 
 メルカート終幕まで3週間を切り、もう失敗が許されないチェルシーは、コンテの要望を受けて、リンデロフの契約解除に必要な違約金3000万ユーロ(約36億円)を満額支払う準備を整えつつある。
 
 しかし、ベンフィカもまだ諦めてはいない。より好条件の年俸、そして高額の違約金を含む契約延長を提示して、引き留めを図っているのだ。 
 
 リンデロフ本人は揺れており、まだチェルシー行きの決断を下していない。あと1年はベンフィカに留まってさらなる成長を目指すか、それともプレミアリーグという最高レベルの舞台にジャンプアップするのか――。最後は本人の決断次第だ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※当コラムではディ・マルツィオ氏のオフィシャルサイトにも掲載されていない『サッカーダイジェストWEB』だけの独占記事をお届けします。
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にグアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。
 

2016年夏のメルカートで新天地を求めた主な選手たちを移籍写真で紹介!

 

最終更新:8/15(月) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。