ここから本文です

グアルディオラの決断に「ハートにはシティでの未来がなくなった」と英メディアが反応

SOCCER DIGEST Web 8/15(月) 19:20配信

「ハートのキャリアに敬意はあるが…」(グアルディオラ)

 8月13日、ついに2016-17シーズンのプレミアリーグが開幕。オープニングデーには7試合が行なわれた。
 
 そのなかでも、大きい注目を集めたのは、今シーズンからジョゼップ・グアルディオラが新指揮官に就任したマンチェスター・シティとサンダーランドの一戦だ。
 
 試合は2-1でシティが勝利したものの、得点はセルヒオ・アグエロのPKとオウンゴール(パディ・マクネアー)だけで、要所でミスも目立つなど、グアルディオラが求める“魅せて勝つ”という理想には程遠い内容だった。
 
 試合後、スペイン人指揮官は「ホームの初戦としては疑問が残ったね。でも、普通のことだ。まだ学んでいる最中だからね。今日はとても良いチームスピリットを見させてもらった」と、プレミアでの初陣を振り返った。
 
 そんなグアルディオラには、メディアからメンバー選考についてある疑問が投げかけられた。それはシティ在籍10年目で、長年い渡って守護神を務めてきたジョー・ハートを、ベンチに置いたことについてだった。
 
 グアルディオラは先発にウィリー・カバジェロを起用した理由を、次のように明かしている。
 
「練習ではキーパーを入れて、2対1、3対2、4対3を何度もやってきた。ジョーが私の戦術に合っていないということではない。私は彼のキャリアに大きな敬意があるし、良いキーパーだということも分かっている。しかし、今日はウィリーにしたんだ」
 
「ジョーがハッピーではないことは確かだろう。多くの選手たちがメンバーから外れることになった。プレーできなかった選手全員が、もちろん欠場を悲しく思っている。すまないとは思うが、私は決断しなければならない」
 
 このコメントに各メディアは即座に反応。まず、イギリス国営放送『BBC』で解説者を務める元アーセナルのストライカー、イアン・ライトは「私はカバジェロがハートよりも優れたキーパーだとは思わないが、彼はEUROでミスを犯したからね。ペップの下でやるならば能力を証明する必要がある」と語った。
 
 また、英紙『サンデー・ミラー』のアンディ・ダン記者は「グアルディオラの決断は、ハートにはシティで未来がないことを印象付けるものだった」と綴った。
 
 さらに英紙『タイムズ』のヘンリー・ウインター記者は「イングランドのフットボールなんだ。ボールコントロールの時間が与えられるスペインとは違う。シティのやろうとしていることは簡単なことではない」と、グアルディオラのスタイルを糾弾した。
 
 スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』などでは、シティがバルセロナで正GKを務めているチリ人GKのクラウディオ・ブラーボと個人合意に至ったと報道された。
 
 そうした報道も踏まえ、イングランド代表GKがこの状況に不満をもらす可能性は高く、現地メディアでは、「ティム・ハワードが退団し、GKに不安を抱えるエバートンへと移るのでは?」という噂も出ている。
 
 ハートは心機一転、新天地への移籍を選択するのか。それともグアルディオラの下で実力を証明するためにアピールを続けるのか――。その行方からは、しばらく目が離せなそうだ。

2016年夏のメルカートで新天地を求めた主な選手たちまとめ

最終更新:8/15(月) 19:20

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。