ここから本文です

渡欧の小林祐希がハリル監督に挑戦状「バルサに行ってやるから待ってろよ、って感じです」

SOCCER DIGEST Web 8/15(月) 20:20配信

「ワールドカップから逆算したら、今が自分にとってベスト」

 8月15日、ジュビロ磐田からヘーレンフェーンへの完全移籍が決定した日本代表MFの小林祐希が渡欧。空港に集まったメディアの前で現在の心境を語った。
 
――移籍決定から出国まで短い期間だったと思いますが、荷物の準備は大丈夫でしたか?
 
「へーレンフェーンは、荷物でなく俺を必要としているんで、スパイクだけあればオッケーです」
 
――チェックイン姿に珍さを感じました。
 
「ひとりでチェックインしたのは実は初めてでした。今後はヨーロッパでひとりで色々と動かなければいけないので、言葉を覚えたいと思います。英語は自分の伝えたい事は伝えられますが、あとは聞き取りです。俺は日本で勝ちたいわけではなく、世界で勝ちたいので、英語は2年前くらいから学んできました」
 
――海外移籍への想いはいつ頃から抱いていましたか?
 
「サッカーをはじめて、物心がついた頃から海外に行くと決めていました。日本にも海外での映像が入ってくるようになっていたので、活躍する選手たちを見て行きたいと思いました」
 
――新天地にオランダを選んだ理由は?
 
「ヨーロッパ・サッカーの登竜門として、多くの有名選手がオランダを経由している。各国の若手が集まって、ギラギラしているリーグですよね。自分より年下の選手が多いと思いますが、ギラギラしている若手から学べることはあると思う。日本ではベテラン(先輩)から学んでいましたが、オランダでは後輩からも学べるかなと」
 
――なぜこのタイミングでの海外移籍だったのか?
 
「(2年後の)ワールドカップから逆算したら、今が自分にとってベストだと思っている。やはり、海外選手の強さ、速さ、上手さに慣れたかった。フィジカルやプレーの質をはじめ、すべてにおいてワンランク、ツーランクとレベルを上げていける場所だと思っています」
 
――いま抱いている野望は?
 
「へーレンフェーンへの敬意もあるので、あんまり先の話はできませんが、『ここがゴールではありません』とだけ言っておきます」
 
――自分の中でオランダは何年と区切りはありますか?
 
「半年ずつが勝負だと思っています。結果を残し続ければ、ビッククラブへというのもあるかもしれないので。それが1年、2年になるかもしれませんが。新天地でのプレーは代表にも関わってくると思うので、1試合1試合がセレクションだと思っています」
 
――チームにはどんな貢献がしたいですか?
 
「よく『ゴールやアシストなど具体的な数字の目標は?』と聞かれますが、自分的には具体的な数字と言うのはなくて。(ジュビロ磐田で監督の)名波さんと出会ってから、周りを活かす・チームを勝たせるプレーを一番にしようと心掛ければ、最後は自分のところにボールこぼれてくる、ということをここ2年間で学びました。だから、数字というよりもチームを勝たせることだけを考えてプレーしたいと思います」
 
――オランダで活躍できる自信は?
 
「自信が100%なかったら行きません」

「来年だと遅い」小林祐希が移籍決断の理由を明かす。名波監督は「戻ってこなくていい」

1/2ページ

最終更新:9/12(月) 17:04

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。