ここから本文です

起業したければ、まず大企業に就職した方がいい理由

JBpress 8/15(月) 6:10配信

 大学生から「就活をして就職するなんてバカバカしいと思うのですが、起業をした方が良いのではないでしょうか」と相談を受けることがあります。もちろんケースバイケースではありますが、結果として私はほとんどのケースで「就職した方が良い、それも大企業に」と答えます。それは、なぜでしょうか。

■ 1. 起業をするためには、お金を貯めるべきだから

 あえてこれを一番に持ってきますが、学生がこういう相談をしてくる場合、「資金はばっちりです、1000万円貯めました」というケースはほぼ、ありません。「お金はありませんが、情熱はあります」というのが普通です。クラウドファンディングやエンジェル投資家を探して、ベンチャーキャピタルからも引っ張ります、と。

 確かに、家族も養っていない若者が自宅の一室で起業するなら、インターネットをうまく使えばお金のかからない起業の仕方はあります。しかし、それでも300万円くらいは自分で準備してから挑むべきです。最初から人のお金を当てにしてはだめです。300万円も貯められない人を信用して、お金を出してくれる人はいませんから。

 アルバイトをしまくって300万円を貯めた、というなら、このハードルはクリアです。親が出してくれる、というのだと甘えが感じられるので微妙ですが、それでもダメだというのは私のひがみかもしれないので、一応クリアとしましょう。既に投資家を見つけているというのなら、圧倒的に合格点です。才能がありますよね。

■ 2. 戦う相手のことを知らないといけないから

 いろんな意味で、この世の中は大企業を中心に回っています。大企業は圧倒的な資金力と優秀な人材を多数抱え、緻密な仕組みを有し、社会に対するとても大きな影響力を持っています。1割未満の大企業が世の中の9割以上を動かしていると言っても、全く過言ではないでしょう。陰謀論とかそういうことではなく、構造としてです。

1/3ページ

最終更新:8/15(月) 6:10

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。