ここから本文です

心理学が実証、赤い口紅で女性の魅力が1.5倍増!?

R25 8/16(火) 7:00配信

メイクは女性を華やかにする。パートナー選びは見た目より中身を重視すべきとわかってはいても、やはり美しく彩られた女性に男は惹かれてしまうものだ。

やがて生活を共にすることにでもなれば、すっぴん状態で一緒にいる時間の方が長くなるわけだし、あまり外見にとらわれ過ぎるのは良くないのだが…。

「出会いのきっかけとして考えれば、外見に惹かれるのは決して悪いことではありません。ただ、女性が口紅の色をアレンジするだけで、男性を惹きつけられることが判明しています。とくに、赤い色には注意した方がいいですよ」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。これは一体どういうことか。

「フランスのブルターニュ大学の心理学者、ニコラス・ゲーガン氏が次のような調査を行っているんです。ゲーガン氏は8人のサクラの女性を用意し、それぞれ1人ずつ別々のバーに送り込み、60分で何人の男性から声をかけられるかを測定しました。この際、女性の口紅の色を、赤・ピンク・ブラウン、そして口紅なしの4タイプにアレンジしています。その結果を集計したところ、60分のうちに声をかけてきた男性の数は、赤が平均2.03人、ピンクが1.72人、ブラウンが1.55人、口紅なしが1.39人と、明確な差が表れたのです」

内藤先生によれば、心理学の世界では、赤には“ロマンチックレッド効果”と呼ばれる、性的魅力を引き立たせる効果が確認されているという。口紅ひとつでも、その効果は絶大なわけだ。

「この実験では、最初に声をかけられるまでの時間も、赤が19.7分、ピンクが23.35分、ブラウンが24.83分、口紅なしが27.03分と、声をかけてきた人数と同じ順になっています。口紅の色で男性が感じる魅力が増したということは、口紅を取ればその分の魅力が差し引かれるということ。男性の皆さんは口紅の色に惑わされず、しっかり人となりに目を向けるよう注意すべき、ということですね」

出会いの多い行楽シーズン。心に留め置いていただきたい。
(友清 哲)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/16(火) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場