ここから本文です

五山送り火「DJポリス」 リアルタイム翻訳実施へ

R25 8/16(火) 7:00配信

ヤマハは、京都府下鴨警察署と連携し、8月16日に行われる京都五山送り火において、マナー順守や混雑緩和案内などの警察官の呼びかけを多言語化する実験を実施する。

これは、ヤマハが開発した音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」を活用する取り組みのひとつ。アナウンスに特殊な信号を入れることで、それをアプリ(iOS版のみ、Android版は開発中)が識別・翻訳し、ユーザーのスマホに情報をテキスト表示させるというシステムだ。ネット通信を使わないため、機内モードや地下街などでも情報を得ることができる。

今回の取り組みでは、雑踏警備にあたる「DJポリス(警察官)」のアナウンス内容が、8言語の文字でリアルタイムに表示される。対応する言語は日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語だ。なお、ニュースサイト「JAPANStyle訪日ビジネスアイ」の記事によると、DJポリスの話す内容は多様であり、雑音の中での使用でもあるため、呼びかけ内容に近い信号をヤマハスタッフが手作業でアプリに送信する形で実施するという。

例年10万人前後の人出のある、京都五山送り火。県警は約600人態勢で雑踏警備にあたるというが、近年増えている外国人観光客や聴覚障がい者にもわかりやすい形で情報を届け、混雑被害を未然に防ぎたい考えのようだ。

Twitterには、

「そもそも論としてそのアプリ、訪日外国人のうちどれだけダウンロードしているの??」

という疑問があがっているが、会場付近でリーフレットを配布したり、ポスター表示をしたりするとのこと。

ちなみにヤマハでは、8月26日からJR東海新幹線の東京駅と京都駅でも「おもてなしガイド」の実証実験を行い、今秋以降は浜松駅でも実施予定。

「始まったらやってみようかな」

「ヤマハはん、攻めとりますなあ」

などと評価する声もちらほらTwitterにあがっているところ。新幹線でも初の取り組みで、着実に実証実験を重ねる同サービス。今後、観光地やスポーツイベントなど活用できる幅が広がっていけば、利便性は高まり、より外国人旅行者にやさしい環境が整うだろう。それに加え、どれだけ対象者にアプリをダウンロードするよう働きかけられるかが、成功のカギになりそうだ。

(花賀 太)

【関連リンク】

■ヤマハ ニュースリリース

https://www.yamaha.com/ja/news_release/2016/16081002/

■ヤマハ 京都五山送り火でDJポリスと“コラボ” 訪日客らにアプリで

http://j.sankeibiz.jp/article/id=204


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/16(火) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ