ここから本文です

よゐこと森泉&長谷川潤が「無人島0円生活」で初対決

Smartザテレビジョン 8/16(火) 6:01配信

9月3日(土)夜9時から無人島のベテラン・よゐこと、これが初挑戦の森泉&長谷川潤がサバイバルバトルを繰り広げる「無人島0円生活」(テレビ朝日系)が放送される。

【写真を見る】森泉&長谷川潤は無人島で人生初のサバイバルに挑戦!

よゐこと森&長谷川は、番組から支給される必要最低限の水と調味料を元手に、過酷な無人島生活を0円で2泊3日を乗り切る。

この12年でさまざまな無人島サバイバルバトルに挑んできたよゐこと、森&長谷川の“モデルチーム”が熱いバトルを展開し、両チームは“無人島に眠る最大最古の謎”を探し出す。

森は「今振り返ると『私たちってスゴイな! 行って良かったな!』って。この感情は後から来ます。潤ちゃんがすごく頑張って、おとこ前っぷりを見せてくれて…格好良かったです!」と振り返る。

一方、長谷川は「実を言うと、無人島から東京に帰ってきてから、まるで飲み過ぎた次の日の朝みたいに『やっちゃったなぁ…』って恥ずかしくなっちゃったんですよ。無人島ではアドレナリンが出過ぎて(笑)。放送が心配になるくらいに…でも、最高に楽しかったです!」と笑顔を見せる。

森&長谷川は“楽しい無人島0円生活”を目標に、DIYが得意な森が拠点となる家造りを担当。工具など一切なく、自ら材料を調達するという普段とは勝手が違うDIY環境にもかかわらず、森はあっと驚く拠点を作り上げる。

森は「無人島のおうち造りで心掛けたのは、できるだけ女の子のエッセンスを取り入れること。生活必需品だけでなくて、見てホッとするものやかわいいものも置いて、ワクワクするようなスペース作りを目指しました」とアピール。また、森は海水から塩を作るという途方もない仕事にもチャレンジ。

そして、長谷川は人生初のモリ突き漁に挑戦。長谷川は「モリ漁に挑戦するのも初めてだし、泳ぎが得意な方でもないので、最初は大丈夫かなって思ったんです。実際、すごく難しい! でも、それに燃えた! 今じゃもう(現在住んでいる)ハワイで早速やりたいと思っているくらい、趣味になりそう。そんな自分が意外でした(笑)」と告白。

一方のよゐこは“大人の無人島”をテーマに、過酷さが一層増すのではないかと思われるスーツ&革靴姿でサバイバル生活に! 濱口優は「死ぬ間際まで続けたい!」と宣言するが、現在44歳の2人にとって体力的にもキツくなってくる。

濱口は「年々、有野(晋哉)が寝ぼけるスピードも回数も多くなっている」と明かすと、有野も「優さんも昔は海に行くとウワ~ッと走って行ったんですけど、今回は結構早めに岩場に足を取られて、走るのをやめていた」と暴露。

さらに、今回は2人が44歳ということで質にこだわろうとサバイバル生活の模様を4Kカメラで撮影。

有野は「画質がめっちゃきれいなので、これは見どころですね。ただ、そんなすごいカメラで僕らの衰えた皮膚を撮るって…どうなんでしょうねぇ。女性チームを4Kで撮影した方が良かったんちゃうかなって、スタッフもみんな言ってました(笑)」とこぼす。

さらに、これまでは家造りなど陸上での仕事を担当していた有野にあるアクシデントが! 有野がスーツ姿のまま海を数百メートル泳ぐという事態が発生する。

有野は「僕はなぜかビックリするくらいの距離を泳がされることになったんですよ。3ピースのスーツでは水をどんどん吸ってしまって、泳がれへんのやなって、つくづく思いました(笑)。実は僕、優さんとのコミュニケーション不足のせいか何なのか分からないですけど、かつてない大きな間違いが起こって、死にかけたんですよ! しかも、誰も助けてくれなくて…ビックリしました(笑)」とアクシデントを告白。

濱口は、「スーツ姿で挑みましたけど、快適でした! 僕はストレッチの効いた清涼スーツを選んだんですけど『こんなに涼しくて、動きやすいんや!』って、ビックリしましたね。意外なことに、革靴もなじんでくると、岩場にフィットするんですよ。無人島に行くなら、清涼スーツがオススメです!」とアピール。

そして、2人は島で“史上最大にして最古の大発見”かもしれない、あるものと遭遇。濱口は「見どころは“無人島に眠る最大最古の謎”。漫画やテレビゲームで見るような秘密の場所で、それがものすごい大発見かもしれなくて…相当興奮しましたね! まぁ、ふたを開けてみたら、すっげぇしょぼい可能性もありますけど(笑)」と期待を込めた。

森&長谷川も「女性にしかできないことをいっぱいしたし、何よりも女性は心が強い。楽勝です! 勝ったど~!」と豪語。

果たして、どちらのチームが視聴者からの支持を得られるのか? 波乱万丈の無人島サバイバルバトルに注目!

最終更新:8/16(火) 6:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。