ここから本文です

名古屋人 名古屋場所の千秋楽で土俵の砂を持って帰る

NEWS ポストセブン 8/16(火) 16:00配信

 23万部超のベストセラーとなった『京都ぎらい』は、京都人の「いけず」さを指摘して多くの人の共感を呼んだ。しかし、「京都ぎらい」よりも潜在数は多い説も存在するのが「名古屋ぎらい」。「何かイラッとする」と不人気な「第3の都市」について調べてみた。スポーツ編をお届けしよう。

●ドラゴンズがBクラスの時は会社中「機嫌が悪い」
調子がいい時はドームは満員、視聴率もいいが、Bクラスに落ちると見向きもしない。

●送りバントを「メイデン」と呼ぶ
イチローの出身校でもある強豪・愛工大名電は、とにかくバントを多用するため、いつからかこう呼ぶようになった。

●大相撲名古屋場所の千秋楽では、みんなが土俵の砂を持って帰る
甲子園の砂じゃあるまいし。かつては土俵がなくなってしまったことも。

◆監修/川合登志和(『名古屋あるある』共著者)

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

最終更新:8/16(火) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。