ここから本文です

BUMP OF CHICKEN、野外フェスで圧倒的存在感

Smartザテレビジョン 8/16(火) 15:35配信

BUMP OF CHICKENが茨城・国営ひたち海浜公園で行われた「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」の2日目に登場した。

【写真を見る】Ba.直井由文は観客の盛り上がりを写真に収める一幕も

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」は毎年8月の週末に合計4日間開催されており、各日6万人の来場者を記録する、日本を代表する野外フェスだ。

同フェス最大のステージ「GRASS STAGE」でさえキャパマックスまで集客するBUMP OF CHICKENが、2日目のトリを務めた。

夜6時ごろ、強かった日差しが傾く中メンバーが登場。新曲「アリア」でスタートさせ、Vo.藤原基央が「会いたかったぜひたちなか!」と、「虹を待つ人」などを歌い上げる。

MCでBa.直井由文が「こんなカッコいいオーディエンスがいるなら、今まで一番の最高のフェスにしようぜ!」とファンをたきつけ、「宝石になった日」が始まる。近年リリースした曲に多く見られる優しいメロディーに、藤原のしなやかな歌声がミックスされ、日没を迎えた会場に涼しさを運んだ。

続いて根強い人気のある「車輪の唄」が流れると、ファンも歌詞を口ずさみながら2日目の終演を感じ始める。そして「流星群」「ray」「Butterfly」と、往年のファンも近年バンプの魅力に取りつかれたファンも全員が楽しめるラインナップを披露し、アンコールでは代表曲の「天体観測」を大合唱で締めくくった。

なお、WOWOWにて8月、9月の2カ月にわたり、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016の総集編の放送が決定。

8月28日(日)、9月3日(土)、4日(日)、10日(土)の4日間、約20時間の大ボリュームで放送される。

最終更新:8/16(火) 15:35

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。