ここから本文です

古谷徹、三石琴乃がNHKラジオ歌舞伎に参戦!

Smartザテレビジョン 8/16(火) 16:05配信

8月21日(日)にNHK-FMにて夏休み特別番組「ラジオ歌舞伎胸キュンナイト」がオンエアされ、ナビゲーターで歌舞伎役者の中村壱太郎、ゲストで声優の古谷徹、三石琴乃が出演する。

【写真を見る】ゲスト出演する古谷徹

本番組は、中村が'15年3月までパーソナリティーを務めた「邦楽ジョッキー」(NHK-FM)内の「歌舞伎予告編」を「ラジオ歌舞伎」として再構築したもの。

「ラジオ歌舞伎」は、2時間近い歌舞伎の独特のストーリーや演出方法のエッセンスを凝縮して5分程度のダイジェストにまとめ、別世界、別時代の設定に置き換えて歌舞伎初心者も楽しめる内容に仕立てている。

今回は大人の恋愛を描いた「与話情浮名横櫛」(よわなさけうきなのよこぐし)と、怪談物語「番町皿屋敷」(ばんちょうさらやしき)の2本を放送し、中村と共に古谷と三石が出演する。

3人はアニメと歌舞伎の共通点、男役、女方を演じる上での声の使い方、演じ方の違いなどをトークする。

最終更新:8/16(火) 16:05

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。