ここから本文です

猪野広樹、初のファンイベント開催で「最後は涙が…」

Smartザテレビジョン 8/16(火) 22:03配信

舞台を中心に活躍する俳優・猪野広樹が14日、“親友”で俳優の櫻井圭登とともに初めてのファンイベントを開催。会場は1,000人を超えるファンが集まる盛況で、猪野は「最後のあいさつでは、涙がこみ上げてきました」と振り返った。

【写真を見る】猪野は、親友の櫻井圭登と共に登場。イベントでは「素の僕ら」を大切にしたという

猪野は1992年9月11日生まれ、神奈川県出身の23歳。2012年から舞台を中心に活躍中で、今年はゲームを原作にした舞台「『戦国無双』~四国遠征の章~」で人気武将・毛利元就を演じて原作ファンや歴史好き女子を魅了し、現在は累計発行部数8,600万部の人気コミック「BLEACH」を舞台化した「『ROCK MUSICAL BLEACH』~もうひとつの地上~」で名門死神一族の当主・朽木白哉(くちき・びゃくや)を演じている。

ファンイベントは、櫻井との共演作品の秘蔵エピソードを明かすトークコーナーやファン参加のゲーム企画、ハイタッチ会と盛りだくさんの内容で進行した。

初のファンイベント開催に、猪野は「まさか自分がイベントを開催する日が来るとは思ってもみなかったです」と初々しいコメント。開催前は「嬉しさ7割、不安3割くらい」と心配もあったというが、「頼れる親友、櫻井圭登と一緒にやるということで、『だったら思いっきり自分が楽しんで、来て頂ける方々と一緒に盛り上がろう』というスタンスへの切り替えは早かったと思います」と語るなど、親友の存在が心強かったよう。

俳優にとってファンイベントは、役としてではなく“素の自分”を見せる稀有な機会。猪野は「僕らもお客様も肩肘を張らず、楽しく笑って、幸せな気持ちで帰って頂きたかったんです! だからイベント内容も僕らの理性を飛ばすような内容だったり、お客様を交えての内容だったりにしてみました」と、素の自分を見せることに腐心したそう。

イベント後、「舞台上からたくさんの人の笑顔が見られたのは、最高の瞬間でした! そして改めてこんなにたくさんの方々が応援し、支えて下さっているのだと思うと、最後のあいさつでは涙が込み上げてきました」と語った猪野。「このイベントで頂いたたくさんの声援を胸に役者としてもっともっとレベルアップして恩返しをしていきたいですし、表に立つ『人』としての考え、想いを伝えていきたいです!」。ファンから新たな力を得て、今後も俳優道にまい進する。

最終更新:8/16(火) 22:03

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革