ここから本文です

“見上げ猫”のうるんだ瞳がたまらない! ソトネコ写真家の厳選ショット

週刊女性PRIME 8/16(火) 5:00配信

 ネコノミクスと呼ばれるほど、世は空前の猫ブーム! 島猫が多数生息する全国の“猫島”には観光客が殺到しているとか。

 そんな島猫を含む“ソトネコ”ブームの火つけ役とも呼べるのが、写真家の南幅俊輔氏。多くの著書を出版、これまで4000匹のソトネコを撮影してきたスペシャリストだ。

 また、来場者に楽しんでもらえる仕掛けがある写真展も話題。2015年4月~5月に開催された、心理カウンセラーの清田予紀氏との共同企画展『猫と心理テスト展』もそのひとつ。

 そんな写真展をもとにした書籍『ネコロジー アドラーと猫の心理テスト』から厳選したソトネコたちがこちら。キラキラ瞳で見つめるニャンちゃんたちの写真は、癒されること間違いナシです! 

【書籍情報】
◎『ネコロジー アドラーと猫の心理テスト』
人間だけでなく猫の気持ちにも造詣の深い心理カウンセラーの清田予紀氏によるオリジナル心理テストとソトネコ写真家の南幅俊輔氏の写真がコラボレーション。大注目の心理学者・アドラーが唱える「ありのままの自分」を楽しく学べる1冊。1200円+税/主婦と生活社。

最終更新:8/16(火) 5:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。