ここから本文です

破産経験者の私が語る「貧乏生活ほどお金がかかる」という現実

ライフハッカー[日本版] 8/16(火) 12:10配信

皮肉なことに、お金がないときほどお金がかかります。筆者は破産を経験しているので、その意味が身に染みてわかります。

お金がないと、食品の大量購入ができなかったり、長持ちする高品質の物が買えなかったり、電子機器をレンタルせざるを得なくなったりします。しかし、これらはすべて、長期的に見るとお金を損しています。さらに、お金がない状態が続くことで避けられないコストもあり、いっそう抜け出すのが困難になるという悪循環に陥ります。

食費を下げることはできるが、ヘルシーな食生活にはお金がかかる

学生に聞けばわかるように、お金があまりなくても、食べ物にありつくことはそれほど難しくありません。インスタントラーメンは、1パック20セントで売っています。問題は、ヘルシーな食べ物を食べること。インスタントラーメンの20%はただのカロリーで、残りの80%は塩分です。1年間それしか食べなければ、長期的な健康は深刻なリスクに見舞われるでしょう。

筆者が破産していたころは、まさにそういう生活でした。健康よりも時間が大事で、家で料理するなんてもってのほか。ほとんどファーストフードで済ませていました。私の中では、不健康な食べ物の序列ができていたものです。お金があるときは近所のお店で2ドルのホットドッグを、ないときは何日もインスタントラーメン続き。スーパーで売っているノーブランドのソーダはオレンジジュースや牛乳よりも安いので、水以外の飲み物と言えばいつもそれでした。

そんな食生活を何年も続けていては、身体にいいはずがありません。その後なんとか稼げるようになったものの、悪習慣から抜け出せずにいます。ソーダは未だに手放せません。家でまっとうな料理を作れるようになるまで、かなりの時間がかかりました。「お金ができたら変わるから大丈夫」と言うのは簡単ですが、実際には、根付いてしまった悪習慣を断ち切るのは至難の業なのです。

ハーバード公衆衛生大学院の研究によると、ヘルシーな食生活は、そうでない食生活よりも、1日当り1.5ドル(月45ドル)お金がかかります。お金があるときなら、それは大した差ではありません。しかし、最低賃金(7.25ドル)で週40時間勤務をしている場合、その違いは収入の3.6%にもなります。勤務時間がもっと短くて、たとえば週32時間だとしたら、4.5%。しかも、税金を引かれる前の金額でです。

収入の5%近くもの差が出るのであれば、4ドルのオレンジジュースよりも1ドルのソーダを選ぶのは無理もありません。家賃を払えない状態で、「長期的な健康」なんてものを考えられるはずがないのです。

このように、お金がないときは、「長期的」な視点を持つことはできません。会員制の大型スーパーで買うほうがお買い得なのは重々承知です。でも、その年会費を払えない。ホットドッグやインスタントラーメンばかりでは寿命が縮まることぐらいわかっています。でも、大家さんに家賃滞納で追われないためには、それで生き延びるしかないのです。もうちょっと早くから自炊していればマシだったかもしれませんが、米労働統計局によると、680万人の米国人が生活のために複数の仕事をしている状況です。私もその1人だったので、ヘルシーに生きるための時間がありませんでした。貯金をするお金も、当然ありませんでした。

1/4ページ

最終更新:8/16(火) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。