ここから本文です

「家族のアイドルです」陸上鈴木 母の“褒めまくり”教育

女性自身 8/16(火) 6:03配信

「なぜ亜由がリオに行けたのか?それは私たちが知りたいくらいです。お米だけは売るほどありますが、特別なものを食べさせたわけでもありませんし」

 恐縮してそう話すのは、陸上女子5,000m、1万mに出場する鈴木亜由子選手(24)の母・由美子さん(53)。実家は愛知県豊橋市にある大正6年創業の老舗「鈴木米穀店」。店舗奥にある居間は、まるで鈴木選手記念館。幅跳びで優勝した小4の写真から、グルリと彼女の写真や賞状が飾られ、優勝カップやトロフィーが所狭しと並んでいた。

 亜由子さんは6歳上に姉、4歳上に兄がいる末っ子。祖父母同居の7人家族で、家族みんなにかわいがられて育った。

「小さいときはぜんそくがひどくて、どこに行くのも吸入器が手放せなかったんです」(由美子さん)

 ぜんそく治療にいいからと、3歳からスイミングスクールに通い、小2から、「豊橋陸上クラブ」へ。走るのが大好きだった亜由子さんは、楽しみながら練習を続け、ぜんそくも小6のころにはよくなっていた。

「今から思えば、ぜんそくがあったから少ない酸素で走らざるをえなかった。陸上選手が高地トレーニングするような状況だったのでしょうか」(由美子さん)

 地元の中学には陸上部がなく、バスケット部に所属。

「ホントに亜由はカッコいいですよ。走るフォームもカッコいい。バスケットでシュートする姿もカッコいい」

 父・伸幸さん(58)は目を細め、口を開けばベタ褒めだ。亜由子さんは、バスケットと並行して、陸上クラブも続け、中2の全国中学校選手権で800mと1,500mで優勝。中3でも1,500mを制し、陸上強豪校がスカウトに来た。しかし、進んだのは進学校の県立時習館高校だった。

「陸上だけじゃなく、ほかのこともしたいと、時習館高校に決めてからは、ずっと勉強していました。亜由には目標に向かってコツコツ努力する才能があったようです。お父さんもそうですが、私も亜由のファンみたいなもの。姉や兄には『勉強しなさい』と、小言を言いましたが、亜由は、褒めて褒めて褒めまくりました」(由美子さん)

 勉強も頑張って、名古屋大学経済学部へ。亜由子さんは、“旧帝大”出身初の女子五輪選手でもある。亜由子さんが大学生のころ、由美子さんは、彼女が中学卒業を前に書いた「20歳の自分へ」という手紙を見つけた。

「そこに、『陸上で日本代表選手になっていたらいいな』と、あって。亜由は目標があっても口にせず、オリンピックの『オ』の字も出ない子でしたが、内に秘めた願望はあったんですね」

最終更新:8/16(火) 6:03

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。