ここから本文です

欧州蹴球4コマ漫画「GOOD TIMES BAD TIMES」Vol.1:エミレーツに「謎の水たまり」が出現?

SOCCER DIGEST Web 8/16(火) 17:34配信

失点の度にペットボトルを投げつけていたヴェンゲル監督。

 人気イラストレーターのJERRYが、『サッカーダイジェストWEB』で4コマ漫画の新連載をスタート! 昨シーズンはアーセナル限定だったが、新シーズンは欧州サッカー全体にスポットを当てる「GOOD TIMES BAD TIMES」をお届け!

渡欧の小林祐希がハリル監督に挑戦状「バルサに行ってやるから待ってろよ、って感じです」

 記念すべき第1回のテーマは、8月14日のアーセナル対リバプール(プレミアリーグ開幕戦)。アーセナルは31分にセオ・ウォルコットのゴールで先制するも、その後はリバプールの猛攻に遭って、立て続けにまさかの4失点を食らう(45分にフィリッペ・コウチーニョ、49分にアダム・ララーナ、56分に再びコウチーニョ、63分にサディオ・マネ)。結局は3-4で乱打戦を落とした。

 ペア・メルテザッカーとガブリエウが故障離脱中で、ロラン・コシエルニーも合流遅れだったため、新戦力ロブ・ホールディングとカラム・チェンバースの若手コンビがCBを担ったこともあり、ディフェンスラインが崩壊したアーセナル。アーセン・ヴェンゲル監督は失点に度に怒り狂い、ペットボトルをピッチに投げつけていた。

 翌日、エミレーツ・スタジアムの芝責任者とグラウンドキーパーは、「謎の水たまり」に頭を悩ませていたとか、いないとか……。

最終更新:8/16(火) 17:34

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。