ここから本文です

カープ25年ぶりの優勝へ、今年は大丈夫? 「後半戦急失速」の心配は無用か

ベースボールチャンネル 8/16(火) 11:00配信

ここ数年、後半戦は貯金で終了

 首位・広島が25年ぶりのVロードをまい進している。しかし最大11あったゲーム差を少しでも縮めようと必死に猛追してくる2位・巨人の存在はどうしても気がかりだ。巨人の追撃を振り切るためにも残り7試合ある直接対決できっちりと勝利を奪い、突き放しておきたいところだろう。

 もちろん、それだけではない。この終盤の戦いでどれだけ失速しないかという点においても、悲願のVを狙う広島にとっては大きなキーポイントとなる。

 ネット上でも何かと話題として取り上げられているように、毎年この時期になると広島には「ペナントレース後半戦で急失速する」という悪いジンクスが風物詩のごとくささやかれる。しかし、これについては過去3年に限ると正しくはない。

 球宴以降からの後半戦だけに絞って、野村謙二郎前監督時代も含めた昨季までの過去6シーズンのチーム成績を振り返ってみると、以下のようになる。

【2010年】
24勝34敗=借金10
最終順位・5位

【2011年】
30勝40敗2分=借金10
最終順位・5位

【2012年】
23勝33敗6分=借金10
最終順位・4位

【2013年】
34勝29敗1分=貯金5
最終順位・3位

【2014年】
32勝30敗1分=貯金2
最終順位・3位

【2015年】
31勝29敗4分=貯金2
最終順位・4位

 野村前監督の就任1年目から3年目までチームは後半戦において実に3年連続で「借金10」となっており、大事な終盤の戦いでいかに失速を繰り返していたかが分かる。結局、この3シーズンはすべてBクラス止まりに終わった。だが、数字を見てもお分かりいただけるように2013年以降は後半戦を「貯金」する形で終えている。

今年は失速せずにゴールイン?

 しかしながら緒方孝市監督の就任1年目となった昨季は後半戦で「貯金2」としながらも最終的に3年ぶりのBクラスに沈んでしまった。

 ただ、これは前半戦をBクラスでターンしながら後半戦で巻き返した末の結果である。昨季の球宴前までの前半戦成績は38勝42敗1分で借金4。そこから球宴以降は一時、借金を完済するハイペースで首位争いにまで加わる勢いを見せるも、驚異的な追い上げは維持できず、勝てばクライマックスシリーズ進出となる中日とのシーズン最終戦(10月7日)に敗れてしまい、寸手のところでポストシーズン行きのキップを逃してしまった。

 最後の最後でツメの甘さがあったのも事実とはいえ、これをひとえに「急失速」とは断じれないだろう。星勘定を見てもこの後半戦で借金を2つ減らし、最終的に借金1でシーズンを終えている。

 ちなみにカープにとって忌まわしき1996年は、どうだったのか。巨人に最大11.5ゲーム差をつけて首位を快走していたはずが引っくり返され、まさかのV逸を喫した「メイクミラクル」のシーズン。やはり球宴以降の後半戦は24勝29敗で借金5と急失速しており、これが歴史的な屈辱を味わう大きな要因となった。

 広島は14日のDeNA戦(横浜)で初回に先制するも2回に追いつかれ、7回に石原のタイムリーで逆転し、3-2で同カードを勝ち越した。これによりここまでの今季後半戦成績は13勝11敗で貯金2となっている。残り33試合を失速することなく確実に白星を積み上げ、ラストスパートで本懐を遂げたい。


臼北信行

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:8/16(火) 18:39

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革